日本最古のラーメン店、黒い焼飯が旨いです! 尼崎市 「大貫本店」

スポンサーリンク


本日のランチは兵庫県尼崎市にある中華料理屋さん「大貫本店」に行きました。
昨日「赤い焼きめし」を食べて、今日は久しぶりに「黒い焼きめし」が食べたくなってこのお店に行ってきました。
こちらのお店は私が以前黒い焼飯に凝っている頃、takさんにご紹介いただいたお店で、現存する日本最古のラーメン屋さん(中華そば屋さん)だそうです。
そのお店で根強い人気メニューがこの黒い色をした「焼飯」なのです!
確かにいい色してますね(^^
この「焼飯」は「」(900円)、「」(700円)、「ミニ」(500円)とあるのですが、しっかりと味わいたかったので「」をいただきました。
かなりのボリュームです!


DSCF4159-1.jpgDSCF4128-1.jpg

見た目からも明らかにパラパラしているのが分かるこの焼飯・・・
優しい旨みと香ばしさが素晴らしく、かなり(゚Д゚)ウマー!

色は黒いですが、濃くも塩辛くもなく、優しい旨さが特徴で、食べれば食べるほど癖になりそうな味付けです。
スープはおそらく中華そばのスープと同じだと思うのですが、こちらも昔懐かしい味でなかなか美味しかったです!


DSCF4135-1.jpg

そしてどうしても気になった一品「若鶏唐揚げ」(950円)もいただきました。
一人で行ったので食べられるかどうか心配でしたが、この凄まじいボリュームを見てちょっと引いてしまいました(^^;
モモ肉の唐揚げが6個に手羽先の唐揚げが2個、そしてたっぷりの温野菜が添えられています!
どう見ても2~3人で取り分けて食べる量です・・・


DSCF4149-1.jpgDSCF4141-1.jpg

この唐揚げ、かぶりつくと肉汁が飛び散るほど超ジューシーで(゚Д゚)ウマー!
衣はカリカリサクサクで味付けも旨い!
これは絶対ビールのアテには最高です!
車で行ったのでビールは飲めなかったのが残念です。


DSCF4148-1.jpg

焼飯(並)」900円、「若鶏唐揚げ」950円で合計1850円は値段も凄いですが、それ以上に一人で食べるにはボリュームが凄まじすぎました(^^;
もちろん残さず全部食べましたが、最後はもう必死のパッチでした(^^


DSCF4118-1.jpgDSCF4119-1.jpg

スープが美味しかったので今度はやっぱり中華そばも食べてみたいです。
このメニューには載っていませんが、焼飯には「ミニ」(500円)という設定もあり、ミニでも十分の量があるので、中華そばとセットで食べている人が圧倒的に多かったです。
このお店も複数人で行って、色々ある一品料理をアテに飲みたいですね(^^


DSCF4164-1.jpgDSCF4112-1.jpg

お店の周辺は飲食店街だらけなのに、このお店だけが凄まじく繁盛しています!
午後1時過ぎに行ったというのに、4人掛けテーブル7卓の店内は超満員で、次から次にすごいペースでお客さんが入ってきます。
満席の場合はお店の奥で立って並ぶのですが、それでも待つ場所がなくなってお店の外に行列が出来ていました!
このお店の味は一度食べたら癖になるので、この味が忘れられずどんどんお客さんが増えていくのでしょう。
一人で行くと当然他のお客さんと合席になるのですが、お店のおばちゃんは皆とても親切で居心地はとても良かったです。

場所柄こちらのお店も阪神タイガースを応援しているようです(^^
阪神タイガースが勝利した翌日は、何と生ビール(小)が通常300円のところ、半額の150円になるようです!
このポスターに「お一人様15杯までとさせて頂きます」と書いてあるのには笑えました(^^
15杯て・・・
そんなに飲む人はあまりいないとは思うのですが、私には嬉しい限りですね(^^
お店は阪神尼崎駅からすぐなのでとても便利ですし、車で行く場合もお店の周辺にコインパーキングがそこらじゅうに溢れかえるほどあるので安心です。
ここは再訪間違いなしです!
takさん、素晴らしいお店をご紹介くださいましてありがとうございました(^^




《過去に食べた黒いチャーハン集》

その1・・・「宝」(吹田市)
その2・・・「支那そば 淳」(北区中崎西)
その3・・・「中国料理 Ching-Ming」(阪急三番街)
その4・・・「火鍋楼 朱夏」(心斎橋)





【大貫本店】

住所 : 兵庫県尼崎市神田中通3-29 地図
電話 : 06-6411-9583
営業時間 : 11:30~21:00
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 水曜日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする