熟成ふぐの美味しさと目から鱗の冷やひれ酒の美味しさに感動させていただきました! 阪急東通り商店街 「玄品ふぐ 梅田東通の関」

スポンサーリンク

本日のランチは梅田の阪急東通り商店街にあるふぐの専門店「玄品ふぐ 梅田東通の関」に行きました。

全国的なチェーン展開をされているふぐの専門店で、こちらのお店の存在はもちろん知ってはいましたが、今まで行ったことが無く、初めて行ってきました!

天然のフグも食べられるようですが、こちらのお店では「熟成ふぐ」が食べられると知って、どうしても食べてみたかったのです!

正午膳4,000円コース」(4000円税込)

ランチタイムのみのコースでランチとしてはやや高めかもしれませんが、8品も付いたフルコースはあまりにも満足感の高いものでした!

湯引き

ふぐのコースはまずはこれからですね(^^

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うま~~~い!!

コリコリの食感が心地よく、自家製のポン酢の爽やかな旨みが素晴らしいです!

生ビール(゚Д゚)プハー!

ふぐのぶつ切り

てっさかこのぶつ切りを選べるのですが、断然ぶつ切りがお薦めとのことでこちらをいただきました!

白菜の上にとうとう身とフグのぶつ切りが乗って、特製のタレとネギが乗っています!

これを一口でぱくりと食べると・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

ふぐは弾力がしっかりありつつすっとかみ切れる柔らかさで、噛めば噛むほど素晴らしく濃厚な旨みがどんどん出てきます!

とうとうみの甘みやタレの旨みが一体となって、これはとんでもなく美味しいです!

「熟成ふぐ」ってこんなに旨みが濃厚で美味しかったのですね!

冷やひれ酒」があったので、注文しましたが、ひれ酒といえば熱々が当たり前だと思っていましたが、こんなものがあったのですね!

(゚Д゚)プハー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

冷たくフルーティーな日本酒にひれの香ばしい香りがしっかり移ってめちゃくちゃ旨いではないですか!

この味を出すのはかなり難しいようなのですが、この冷やのひれ酒は本当に見事なまでの完成度の高さです!

ふぐのから揚げ

身と、とうとうみの2種類のから揚げです!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

身はふわっと柔らかくてこれまた旨みが濃厚でめちゃくちゃ旨い!

とうとうみのからあげは、口の中でとろけてしまうほどの食感で、甘みも素晴らしく濃厚です!

メインのてっちりです!

お出汁にコラーゲンを入れて、具材を煮ていきます。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

プリッと弾力ある身は本当に旨みたっぷりで、ポン酢がその旨みをより一層引き出します!

冷やひれ酒お代わり・・・

(゚Д゚)プハー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

これは完全にハマってしまいました(^^

フグ皮・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

本当にあっという間にとろけてしまい、その甘みの余韻がいつまでも口の中に残ります。

野菜・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うま~~~い!!

ポン酢が美味しいので、野菜もすべてが美味しいです(^^

〆はもちろん雑炊ですね!

お店の方が調理してくださいます!

あっという間に出来上がり!

取り分けて・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

熟成ふぐのうまみ成分が凝縮していて、本当に美味しい雑炊です!

デザートのアイスクリームをいただき、お腹いっぱい大・大・大満足!!

お昼としてはやや高いランチではありましたが、その満足感の高さは半端ではありません!

休日の贅沢ランチには最適だと思います。

また、ふぐは冬のものとばかり思っていましたが、真夏でもこんなに美味しくいただけることを教えていただきました!

冷やひれ酒の存在は偉大ですね(^^

店内はとてもゆったりとした座敷席や個室になっていて、本当にゆっくりくつろぎながら食事が楽しめる空間です!

阪急東通り商店街にあるこちらのお店、梅田のど真ん中で使い勝手が抜群のお店です!

是非旨味だらけの「熟成ふぐ」と真夏でも真冬でも楽しめる「冷やひれ酒」を楽しみに行ってみてください(^^

【玄品ふぐ 梅田東通の関】

住所 : 大阪市北区堂山町4-17 地図
電話 : 050-5869-7268
営業時間 : 12:00~23:00(ランチL.O15:00、ディナーL.O22:00)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : 〇
定休日 : 無
客席 : 102席
喫煙 : 終日可
駐車場 : 無(お店の周辺に有料コインパーキングあり)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする