京都絶品和菓子&超穴場川床めぐり 其の5 「洛雲荘」

スポンサーリンク
20060819210437.jpg

京都絶品和菓子&超穴場川床めぐりのメイン、京都市北区雲ヶ畑の料理旅館「洛雲荘」の川床で川魚料理と「」を楽しんできました!
京都で川床と言えば、「鴨川」や「貴船」が有名です。
鴨川の床は高級店からリーズナブルなお店まで様々で比較的手軽に利用できる上に雰囲気も味わえるのが特徴です。
しかし残念な事に鴨川では「」を楽しむことが出来ません。
「涼」を楽しむという意味では「貴船」は抜群ですが、どこもかなりのお値段がしますし、シーズン中は大混雑です。
もちろん私もこの二つしか行ったことがなくて、この「洛雲荘」は全く知りませんでした。
そして京都の人でもここを知っている人はとても少ないので、団体さんが入っていない限りお客さんもごくわずかでとても静かな雰囲気の中、渓流にせり出した川床で絶品の料理と涼が楽しめる超穴場なのです!

まずはいきなりのメインですが、夏の川魚懐石の王様「鮎の塩焼き」です。
元々は養殖の鮎なのですが、その鮎を横を流れる川に放流しているためほとんど天然化しています。

天然の鮎と養殖の鮎の違いは、まずはその香りでしょう!
天然の鮎は魚臭さが全くなく「スイカ」のような「キュウリ」のような何ともいえない素晴らしい香りが鼻の奥に抜けていくのです。
そして腸(はらわた)の味も全然違います。
養殖の鮎はえさを食べているので腸は苦いだけなのですが、天然の鮎は岩についたコケをはむので腸は苦いだけでなく旨味がしっかりとついています。

以上、鮎の豆知識でした(^^
もちろん天然の鮎は流通には乗りませんので、私自身鮎釣りを始めるまでは食べたことがありませんでしたのでこんな知識は全くありませんでしたが・・・
この鮎は残念ながらスイカの香りがあまりしませんでしたが、脂が乗ったしっとりとした身は明らかに養殖ものとは違います。
また腸もとても美味しかったです!
焼酎を飲んでいましたが、日本酒が欲しくなりました(^^

Mの鮎格闘編はこちら


20060819211404.jpg

このような最高のロケーションの中、絶品の料理の数々をいただきました(^^


20060819210528.jpg

鮎とゴリの甘露煮」、「ヤマトテナガエビの素揚げ」、「鰻の八幡巻き」という川魚のオンパレードです!
実山椒や葉山椒が添えられていて、お口の中のちょっと痺れた感覚が心地良かったです(^^


20060819210544.jpg

山蕗にも山椒が添えられています。
ここは山椒をたくさん使うのが特徴のようです(^^


20060819210742.jpg

あまごの南蛮漬け」です。
爽やかな酸味があまごのほろ苦さを中和してとてもすっきりとした後味です!
より一層涼しさを感じさせていただきました(^^


20060819210612.jpg

秋の味覚の代表「焼き松茸」です。
とても大きなものが1人に一つずつで大感激です!
濃厚な松茸の香りとコリコリの食感がたまりません(^^


20060820102655.jpg

マイナスイオンでまくりの中で、ビールも焼酎もどんどん進み、気分もどんどん盛り上がります(^^


20060819210953.jpg

梅胡麻豆腐」と「加茂茄子の田楽木の芽味噌」です。
香ばしくて濃厚な胡麻豆腐に梅の風味が混ざり合い絶妙!
まだ温かい加茂茄子はホコホコの食感で、甘口の木の芽味噌がよく合うのです!
この2品は本当に最高の酒のアテですね(^^


20060819211020.jpg

小鮎、みょうが、ししとう、小茄子の天ぷら」です。
揚げたて熱々で衣がサクサクと香ばしくてとても美味しかったです。


20060819211101.jpg

ハモの湯引き」です。
昔は「鯉の洗い」がでていたそうですが、鯉ヘルペスが蔓延したときからハモになったとのこと。
梅肉の酸味がとても爽やかでした!


20060819211239.jpg

冷製茶碗蒸し」です。
ひんやり冷たい茶碗蒸しの具は海老とゆりねでした。


20060819211254.jpg

湯葉入り素麺」です。
とても細い麺に柚子の風味が抜群のお出汁がよく絡みました!


20060819211311.jpg

〆のご飯ものです。
ご飯にもしっかりとちりめん山椒が乗っていました(^^
もう満腹で大満足!


20060819211323.jpg

デザートはスイカではなくみかんでした(^^


20060819211504.jpg

ここは料理旅館なのですが、このような川床の食事だけの利用ももちろんOKです!
全てがとても爽やかな味付けの川魚料理を渓流にせり出した抜群のロケーションでひっそりとした雰囲気の中、正直これ以上の納涼はないと思いました!
食後は川に下りていって足をつけて水と戯れることが出来て、本当に心も体も心底リフレッシュできました(^^

今回のこのコースは実はこちらのお店ととても懇意にされている方に連れて行っていただいたため、出血大サービス料金にしていただきましたので、参考にはなりませんのでこの日お支払いした金額は伏せさせていただきます。
しかしこの場所でこの内容は、正規の料金でも絶対にお得すぎること間違い無です!
車でなければ行けない場所で、バスも1日に4本しか走っていなくてとても不便なのですが、毎年訪れたくなってしまいました(^^


今回のこの「京都絶品和菓子&超穴場川床めぐり」を全てプロデュースしていただきました「関西美味礼賛」のmaaさん、誠にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。



【洛雲荘】

住所 : 京都市北区雲ヶ畑出谷町岩屋橋畔 地図
電話 : 075-406–2204
営業時間 : 
土曜ランチ : 
日曜ランチ : 
定休日 : 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする