溶岩で焼く地鶏 中津 「とらや」

スポンサーリンク


本日のランチは中津にある地鶏料理専門の居酒屋「とらや」に行きました。
鹿児島の薩摩知覧鶏という地鶏料理の専門店で、ランチでもその地鶏が食べられることを知ってからずっと行ってみたかったお店です。
このお店のもう一つの名物である「溶岩焼き」で知覧鶏がいただけるのです!
溶岩焼きとは桜島の天然溶岩の上で地鶏やお肉などを焼く料理のことで、地鶏の下の黒い岩が溶岩です。
オーブンで熱々に焼かれた溶岩の上で地鶏ともやしをジュージュー焼きながらいただきます。
ジュージューという音とともに素晴らしく香ばしい香りが立ち上ります。
私が写真を撮っているとお店のおばさんが「この匂いも写真にとれたらいいのにねえ~」とニコニコしながら声をかけてくださいました。
確かにあの香ばしさを皆様にお届けしたかったです(^^


20070301155440.jpg

身がとても美しく、黄色がかった脂身もとても美味しそう!


20070301155227.jpg

溶岩は熱々なのですが肉が浮いてしまうので、焦がしたかったのですがうまく焦げませんでした。
それでも溶岩はいつまでも熱々を保っていました。
このお肉を特製のとてもフルーティーなソースにつけていただきますが、やっぱり地鶏は旨いです!
コリコリとした地鶏特有のしっかりとした食感、とても甘い脂身が素晴らしかったです。
「もしこれを塩でいただけらたらもっともっと美味しいかも・・・・」
なんて考えてしまいました(^^


20070301155240.jpg

このお店のご飯は麦ご飯なのですが、量がとんでもなく多すぎるのです!
お茶碗に2杯以上は軽くあるでしょう!
「いくらでもお代わりしてくださいね~」とおばさん。
全部食べきるのも必死でした(^^;
炊き加減が柔らかめだったのがちょっと残念です・・・


20070301155252.jpg

冷奴と漬物と味噌汁が付いた「知覧鶏定食」は780円です。
これだけのボリュームでこのお値段はかなりお得です!


20070301155316.jpg

他の定食もとても安いです!
溶岩焼きを食べる時は「紙エプロン」は必須です。
最初「こんなものいるのかな」と思いましたが、食べ終わって紙エプロンを見てびっくり!
紙エプロン一面隙間がない程びっしりと油まみれです!
もしつけていなかったら大変なことになっていたでしょう(^^;


20070301155327.jpg

閉店間際の遅い時間に行ったのでお客さんがあまりいませんでしたが、おそらくこの内容だとお昼はとても流行っていると思います。
そしてお昼からこの溶岩焼をアテにビールを飲んでいる人がいました!
旨そうでした~~(^^
中津は目立たない場所にポツンポツンといいお店があるのですが、ここも隠れた名店だと思います。
夜もとても安く飲めそうです(^^



【地鶏創作居酒屋 桜島溶岩焼 とらや】

住所 : 大阪市北区中津1-17-12 地図
電話 : 0648025610
営業時間 : 11:30~14:00、17:00~23:00
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ×
定休日 : 土・日・祝

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする