Mのお取り寄せ&手料理 やっぱり激旨でした 「バカカカレーうどん&炒飯」

スポンサーリンク


本日のランチは私のお気に入りのレトルトカレー「バカカカレー」を使って「カレーうどん」と「カレーチャーハン」を作ってみました。
豚骨スープをベースとする博多発祥のこのカレー、レトルトパックに詰められて販売されているのですが、どう考えてもレトルトの味をはるかに越える旨味がたっぷりの激旨カレーです!
チキンカレー」「ポークカレー」のレポートはこちら、「ビーフカレー」「激辛ビーフカレー」のレポートはこちらからご覧ください。
博多は言わずと知れた豚骨ラーメンのメッカで、そのレベルの高さは誰もが認めるところではありますが、その日本最高レベルの豚骨スープで作られたカレーはもう本当に絶品としか言いようがありません!
その激旨レトルトカレーを用いて本日はそれをちょっとアレンジして「カレーうどん」を作ってみました。
このお店の豚骨ベースの「ビーフカレー」は他の料理にアレンジしやすいように癖の少ない味に仕上げられていますので、カレーうどんには最適なのです!
このカレーうどん、結論から先に申し上げますが・・・
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!
鰹出汁を存分にきかせたこのカレーうどん、本当に超激旨です!
鰹をたっぷりきかせたので和風カレー味ではありますが、同じ系統で激旨の「番馬亭」や昨日食べたばかりの「源八」のカレーうどんスープに非常に似ている味になりました!
こんなに簡単に激旨カレースープが出来てしまうことにびっくりでしたが、本当にあまりの旨さに感動してしまいました!
秘密のレシピをここだけで極秘にご紹介しますが、秘伝ですのであまりご口外なさらないようにお願いいたします(^^

≪材料≫
・鰹が強めのうどん出汁・・・100~200ml(既成のうどんつゆでも可)
・玉ねぎ・・・適量
・バカカカレー・・・1袋
・うどん麺・・・1人前(100g前後)
・薬味ねぎ・・・少々

≪作り方≫
・鰹が強めのうどん出汁に玉ねぎ(お好みで牛肉や薄揚げ)を入れて玉ねぎが柔らかくなるまで煮込む。
・並行してうどんを茹でる
・うどん出汁に温めた「バカカカレー」を混ぜてさらに煮込む
・湯であがった麺をお碗に入れてその上からカレー出汁をかけて薬味ネギを盛り付けて出来上がり!

超簡単です!
どこが秘伝やねーーんって思われるでしょうが、もう本当に簡単なのに味は超一流です(^^


20070624185627.jpg20070624185645.jpg

この激旨のカレースープにはやっぱり讃岐の麺が良く合います(^^
カルフールで購入した讃岐麺をあわせてみましたが、なかなかの腰とツルンとした喉越しが素晴らしかったです。


20070624185757.jpg20070624185901.jpg

もちろん残ったカレースープにご飯を入れて・・・
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!
本当に自分で言うのもなんですが、こんなに美味しいカレーうどんが食べられるならもう外でカレーうどんを食べる必要はないかもしれません(^^


20070624190030.jpg20070624190049.jpg

こちらは「カレーチャーハン」で、こちらも作り方はとても簡単です。

≪作り方≫
・フライパンで自分の好きな味付けのチャーハン(2~3人前)を作り、最後にバカカカレーを入れて絡める。
・お好みで目玉焼きを乗せる

あまりにも簡単に出来てしまいます(^^
バカカカレー1袋に対してチャーハンの量は2~3人前くらいがちょうど良いです。
ちなみにチャーハンは自分で作らなくても、冷凍食品のチャーハンを利用するともっと簡単に出来てしまいます。
ルーをそのまま絡めているのでパラパラの仕上がりにはなりませんが、しっとりしていてカレーの焦げた風味がかなり
(゚Д゚)ウマー!
卵を絡めるとさらに美味しくいただけます!


20070624190110.jpg20070624190136.jpg

このまま食べてもとても美味しいカレーですが、このように簡単にアレンジできてしまうところも素晴らしいですね。
癖のない深い味わいだからこそ色んなアレンジに向くのだと思います。
このカレー、1袋たった280円というのも嬉しいところです。
これからより一層暑くなりますが、暑いときこそ汗をかきながら激旨のカレーうどんを食べましょう(^^


ご購入をご希望される方は↓のバナー、または右のバナーからどうぞ。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする