スポンサーリンク

やっぱり締めくくりは・・・ 本日またまた2軒目 築地 「豊ちゃん」

20071003075314.jpg

先ほどのお寿司も美味しかったのですが、あれで終わってしまうのが何となく寂しくて・・・・
ふと横を見ると「豊ちゃん」の店頭にも「カキフライ」の文字が!
ということで築地の最後の朝食を飾るにふさわしいカキフライをいただきました(^^
メニューに単品(半分)というのがあったので、2軒目なので単品をいただきました。
昨日の「八千代のカキフライ」よりやや小ぶりではありますが、それでもかなり立派なカキフライが4つなので、単品とはいえボリューム満点です。

20071003075349.jpg

タルタルソースをお願いすればたっぷりとかけてくれるようですが、私はあえてタルタルはかけてもらわずにレモンだけでいただきました。
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

最強に旨いです!
昨日の八千代も旨かったですが、牡蠣のジューシーさ、衣のサクサク感、ラードの甘い香りなど、どれをとってもこちらのほうが旨いです。旨すぎます!
私が今まで食べたカキフライの中でも間違いなくこれは最高峰の旨さです!
最後の最後にすばらしいカキフライに巡り合えて本当に幸せでした(^^

が、ここでやめておけばいいのに・・・

20071003075500.jpg

今日で最後の築地なのでもうやけくそになってこんなものも食べてしまいました。
このお店の名物の「あたまライスのライス抜き」を「あるあたま」でいただきました。
何のことかさっぱり分かりませんね(^^
あたまライス」というのはカツ丼の頭の部分、すなわちカツとじの部分とご飯を別々にしたもので、簡単に言うと「カツとじ定食」ですね。
ご飯はもう食べられないほどお腹が一杯だったのでライス抜きにしてもらいました。
あるあたま」の「ある」というのは、「脂身のついてあるとんかつ」という意味で、脂身のないとんかつは「ないあたま」といいます。
こんな要望を聞いていただけるのは嬉しいですね(^^

20071003075510.jpg

こちらが脂身部分です。
脂身部分もお肉の部分もとても甘くて、このとんかつ自体はさすがに素晴らしいです!
ただ・・・
とじているお出汁が辛~~~い!
私の中ではちょっとありえないくらい醤油辛いのです。
最後の最後で「これぞ東京の味」の洗礼を受けました(^^;
白いご飯なしでこれを食べるのはかなりきつく、すべて食べ終えると喉がカラカラになっていました。
「こんな辛いもんばっかり食べてたら病気なるで~」と自分のことは棚に上げて思わず東京の人の心配をしてしまいました(^^

20071003075525.jpg20071003075535.jpg

カキフライ単品(半分)」は630円、「あるあたまライスのライス抜き」は合計金額から計算すると820円でした。
カキフライはコストパフォーマンスが高すぎますが、あるあたまはちょっと高めです・・・
生かきのあたまってちょっと気になりますが、この辛いお出汁でとじているのならちょっと無理ですね(^^;

20070913215059.jpg20071003075548.jpg

こんなことならカキフライを一人前食べたら良かったとも思いましたが、やっぱり気になっていたメニューだったので経験出来て良かったです(^^
朝からお客さんが次々に入ってきて皆申し合わせたかのように「カキフライ」を注文しています。
もう本当にカキフライばかりです!
やっぱりみんなこのお店のカキフライが美味しいことを良くご存知なのですね(^^
「カキフライ屋になっちゃったよ~」と揚げ物担当のおじさんが嬉しそうにつぶやいておられました。

長かったようで短かった東京生活も今日で終わりです。
今回の東京では築地以外にもたくさん食べ歩いたのですが、ブログでは築地の朝ごはんを中心にご紹介させていただきました。
明日からはまた大阪でガンガン食べまくりますよ~(^^

《過去の豊ちゃん》

その1・・・オムハヤシライス
その2・・・カツカレーライス、アジフライ

【豊ちゃん】

住所 : 東京都中央区築地5-2-1 築地市場内 1号館 地図
電話 : 03-3541-9062
営業時間 : 6:00~13:30
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝・休市日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする