スポンサーリンク

Mのサクッとディナーその1 時間が止まった喫茶店 銀座 「ニューキャッスル」

ニューキャッスル8-1

夕方会が終了し、大阪に帰る前に気になっていた銀座にある喫茶店「コーヒーとカライライスの店 ニューキャッスル」に寄ってみました。
有楽町の駅前、銀座のど真ん中で近代的できらびやかなビルが立ち並ぶ風景におよそ似つかわしくない古びた喫茶店で、こういう外観を見てるだけで何故かワクワクしてしまいます(^^
もちろんお目当てはカレーライスなのですが、このお店では「辛来飯」と書いて「カライライス」と読むようです。
またこのカレーは量の多さによって品川(480円)→大井(530円)→大森(630円、玉子付)→蒲田(740円玉子付)と、京浜東北線の駅名が付けられているのがとてもユニークです(^^
せっかくなので玉子付きの「大森」をいただきました。
大森は「大盛り」という意味があるようですが、お店の人同士では何故か「スタンダード」という言い方がされていて、量は全然大盛りではありません(^^;
インデアンカレーのレギュラーの半分くらいの量がお皿にちょこんと盛られているといった感じです。

ニューキャッスル11-1ニューキャッスル12-1

まずはカレーの部分だけで・・・
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

ちょっと侮ってはいましたが、これはめちゃくちゃ旨い!
玉ねぎの苦みとフルーツの甘さが混在し、その後スパイスの辛さが引き立って来るという正統派の欧風カレーの完成度は非常に高いです。
かなりざらついた食感のルーは好みが分かれるとこれではあると思うのですが、とてもたくさんの様々な具材が溶け込んでいる証拠ですね。
玉子をからめて食べるとさらに(゚Д゚)ウマー!
辛いもの好きの私がかなり満足できる辛さだったので、辛いのが苦手な人はちょっと苦しむほどの辛さではないかと思われます。
その辛さも売りのようです(^^

ニューキャッスル7ニューキャッスル14

店内は昭和時代の面影がそのまま残されていて、完全に時間が止まったゆったりとした空気の流れる空間です。
一歩外に出れば人通りの絶えない銀座の喧騒が広がっているのが嘘のようです。
この銀座に何もない時代から時代がいくら移り変わろうとも、この味だけは変わることなく提供され続けているのでしょう。
銀座のど真ん中でこの価格帯で商売を続けるのはとても大変なことだとは思いますが、こういうお店はこれからも長く残ってほしいものです(^^

【ニューキャッスル】

住所 : 東京都中央区銀座2-3-1 地図
電話 : 03-3561-2929
営業時間 : 11:00~21:00(土曜日~17:00)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする