謎の中華に行ってきました! 住之江区 「邯鄲小吃館 (ハンダンショウチュカン)」

スポンサーリンク


本日のランチは住之江区にある中華料理屋さん「邯鄲小吃館 (ハンダンショウチュカン)」に行きました。
私の中では謎だらけの中華料理屋さんなのですが、知る人ぞ知る人気店のようで、勇気を振り絞って行ってきました(^^
色々と謎があるのですが、まずはこの店名!
この読み方はフリガナがなければ絶対に読めません(^^;
さらに「おじさんが一人でやっている」、「営業時間は午後1時から」、「メニューの数がやたら多くて安い」、「お店が分かりにくく前を通り過ぎてしまう」などなど・・・
これらの情報だけでも「一体どんなお店なんだろう」と期待と不安が高まります(^^
午後1時開店のお店に午後2時頃訪れました。
お店に入って壁一面の大量のメニューをみてびっくり!
魅力的なメニューがそろっていますがもちろん全て単品のみで、ランチメニューのような気の利いたものはありません(^^
今日はまずは最初なのでオーソドックスに「麻婆豆腐と焼飯をください」とお願いしました。
注文が通ってから野菜などをカットし始めて、これもびっくりしたのですが、家庭用のガスコンロで調理していました!
まず出てきた「麻婆豆腐」(500円)は豆腐が大量で結構なボリュームです。


handan2.jpg

唐辛子系の「」の辛さはマイルドですが、山椒や花椒などの痺れる系の「」の辛さが引き立ってなかなか(゚Д゚)ウマー!


handan3.jpg

麻婆豆腐を作り終えてからこの焼飯の準備をして調理をされていたので、麻婆豆腐の食べ終わりかけに出てきた「炒米飯」(500円)です(^^
具は少なめですが、こちらもまずまずのボリュームです。


handan4.jpghandan5.jpg

適度にパラパラで優しい味付けではありますが、チャーシューのかけらの塩分が良いアクセントになります。
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!
特別な味は何もないのですが、食べていてとても心地の良い焼飯でした!
食後に出していただいたジャスミン茶でホッと一息(^^


handan6.jpghandan7.jpg

このメニューの多さは凄い!
猛烈に夜に行きたくなりました!
このお店は「水餃子」が名物らしいので、今度はビールとともに水餃子や他のメニューを食べてみたいです(^^


handan8.jpghandan9.jpg

簡素な店内ですが、独特のゆったりとした空気が流れていて居心地もなかなか良かったです。
14時を過ぎていたので他には誰もお客さんはいませんでしたが、このお店の常連さんは思い思いの時間に来られてちょっと一杯・・・を楽しんでいるのかもしれません(^^
お店は大きな道路に面して入るのですが、確かに知らなければ普通に通り過ぎてしまいそうな外観です。
このお店の謎は少し解けましたが、やはりこれは夜に行ってもっと調査しなければなりません(^^




【邯鄲小吃館 (ハンダンショウチュカン)】

住所 : 大阪市住之江区浜口東3-4-17  地図
電話 : 06-6678-3078
営業時間 : 13:00~23:00
土曜ランチ : ○ (13:00~)
日曜ランチ : ○ (13:00~)
定休日 : 月曜日、木曜日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする