仁義無き戦い~北新地親子丼戦争~ 堂島船大工通 「北新地うのあん」

スポンサーリンク


本日のランチは北新地にある地鶏料理のお店「北新地うのあん」に行きました。
以前は本町にあったお店で、いつかこのお店の親子丼が食べてみたいと思っていたのですがなかなか機会がありませんでした。
つい先日この地に移転してきたようで、発見して嬉しくなって行ってきました(^^
数種類のランチメニューがあったのですが、いただいたのはこのお店の名物「特製地鶏の親子丼」です。
特製」と普通の親子丼の違いは、特製には手羽先とミニフォアグラが入っているところです。


20070426152833.jpg20070426152852.jpg

よく煮込まれた手羽先はお箸で持ち上げるだけで骨から身がほろりとはずれるほど柔らかくてトロトロです!
ただ色からもお分かりいただけると思いますが味付けがものすごく濃く、醤油辛いと感じる寸前の辛さです。
丼自体の味付けも濃い目なので、しっかりした味付けが好きな方にはたまらないと思いますが、薄味派の私にはちょっと濃かったです。
フォアグラが入っているということなので一生懸命探していたら、出てきました!
小さいのが2切れのみでしたが、かなり味が濃厚で美味しかったです!


20070426152902.jpg20070426152912.jpg

特製地鶏の親子丼」は1260円とちょっと高めですが、素材を考えたらこんなものなのでしょうか。
普通の親子丼が850円なので、手羽先とフォアグラだけで410円差はちょっと大きいような気がしないでもありません。
でもこんな贅沢な親子丼は他ではあまり食べられないでしょう!
カレーうどん!が気になりますね~(^^


20070426152944.jpg

以前割烹があった場所に入っていて、内装はカウンターとテーブルと座敷席があり、とても清潔感溢れる店内です。
それにしてもこの場所はあの日本一の親子丼「はづき」のすぐ斜向かいです。
お昼はガチンコ勝負になるのは必至ですが、消費者はどちらを選ぶでしょう(^^
「特製」ではなく普通の「地鶏の親子丼」が850円なので、はづきの「親子丼」800円とはまさに比較の対象となるでしょう。
また北新地で親子丼と言えばもう一軒有名な「遠藤」がありますが、こちらもかなり旨い地鶏の親子丼がいただけてさらにミニ鴨そばがついて1300円でいただけます。
特製地鶏の親子丼」が1260円なのでいやでも比べてしまいたくなりますね(^^
この「うのあん」と「遠藤」は土曜日もランチをやっていますので、お腹に余裕のある方は是非ハシゴして食べ比べてみてください(・・・ってかなりキツイですね)
仁義無き戦い~北新地親子丼戦争~」と大袈裟なタイトルですが、今後もこのお値打ち親子丼対決は目が離せません(^^




【北新地うのあん】

住所 : 大阪市北区堂島1-4-20 地図
電話 : 06-6345-0210
営業時間 : 11:00~14:00(L.O)、18:00~翌2:00
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする