私の大好きな本格江戸前鰻の名店は8年前と寸分変わることのない感動的な美味しさでした! 東京 「尾花」

スポンサーリンク

P2360218-1

本日のランチは東京都荒川区南千住にあるうなぎのお店「尾花」に行きました。

私の食べ歩き人生の中でも別格中の別格に大好きなお店で、事あるごとに私の「最後の晩餐」として公言させていただいているお店です(^^

注文が通ってから生きたウナギに釘を打って背開きでさばき、まず白焼にしてから丁寧に蒸され、その後タレにくぐらせて焼く工程を何度か繰り返して手間暇かけてようやく完成する江戸前うなぎの最高峰が食べられるお店です!

初めてこちらのお店に行ったのは2006年で、その際に心から感動をさせていただき、そして2度目となる前回2008年に行って以来、食べたい食べたいと思い続け、実に8年ぶりの訪問になりました。

今日は雨の中お店の前で45分待ってお店に入ることができましたが、このお店の平均待ち時間から考えるとかなり短い方で超ラッキーでした!

うな重は注文をしてから出てくるまで大体40分~50分くらいかかりますので、まずはやっぱりビールを飲みながら待ちましょう(^^

(゚Д゚)プハー!(゚Д゚)ウマー!

このお店のビールはいつ飲んでもキンキンに冷えています!

P2360221-1

ビールのアテはこの「うざく」(1900円)と決まっています。

これは注文するとビールに少し遅れて、すぐに出てきます(^^

P2360246-1

素晴らしく肉厚のウナギ・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

脂の乗りと脂の落とし方、残し方があまりにも絶妙で、甘酸っぱい酢がその身の甘みと絶妙に絡んで旨すぎます!

P2360300-1

お漬物と熱いお茶が届くと、もう間もなくうな重が出来上がるという合図です!

ワクワクとした胸の鼓動が最高潮に達し・・・

P2360264-1

うな重」(5300円)に8年ぶりのご対面です!

焼きムラのない見事な鰻がお重をびっしり覆っていて、まるで芸術作品を見ているようです!

P2360288-1

お箸で軽く抑えるだけでふわっと身が切れます。

P2360293-1

この8年間ずっと思い続けていたので、私の頭の中だけでその美味しさが肥大化されていて、実際に食べてみると感動がなくなってしまっていたらどうしよう・・・という不安もよぎるほど、とにかく久しぶりにいただきます・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

以前と全く寸分も変わることのない美味しさに、言葉が出てこずに涙が出てきそうです(^^

一瞬ででとろけるうなぎの柔らかさ、脂身の量と甘み、甘さ控えめのタレ、やや硬めに炊かれたご飯が一体となり、もう何もかも全てにおいて完璧で、非の打ちどころがありません!

あ~~生きてて良かった~~、と心の底から思うことができる素晴らしすぎるうな重です!

P2360213-1 P2360214-1

近年のうなぎの高騰により、決して安いとは言えない価格ですが、このお店の鰻だけは、この価格でも安いくらいなのではないかと思えるのが不思議です(^^

P2360196-1 P2360205-1

11時30分オープンのお店に、オープン45分前の10時45分に付いたら傘をさしたお客さんが24名並んでおられました!

それでも店内には50席ありますので、たった45分待つだけで1巡目に入ることができて超ラッキーでした!

最初のお客さんがお店に入って、すべてを食べ終えて出てくるのに大体1時間かかりますので、1巡目に入れないとそこからまだ1時間以上待たなければならないので、1巡目に入れるように行くのがよろしいかと思います。

今回も心にしっかりとその美味しさと感動を刻み込ませていただきました。

次回行くまで、ずっとずっとこの感動を忘れることは無いでしょう(^^

《過去の尾花》

その1・・・うざく、うな重
その2・・・うざく、焼とり、お新香、白焼、うな重

【尾花】

住所 : 東京都荒川区南千住5-33-1 地図
電話 : 03-3801-4670
営業時間 : 火~金11:30~13:30、16:00~19:30(売り切れ次第終了)、土日祝11:30~19:30(売り切れ次第終了)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 月曜日
客席 : 50席(2人掛け座敷テーブル×25)
喫煙 : 終日禁煙
駐車場 : 無(お店の近所に有料コインパーキングあり)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする