土用の丑の日1軒目 西天満 「志津可」

スポンサーリンク
20060723170052.jpg

ここ10年以上この日にこれを食べなかったことはありません!
土用の丑の日に食べるものはこれに決まりきっています(^^
大阪市内にある鰻屋さんは日曜日が定休日の日が多いのですが、こんな日に休んでいるお店は無いだろうと、何も確認せずに西天満にある江戸前鰻の老舗「志津可」にやってきましたが、当然のように営業していました。
朝10時半の開店に合わせてお店に行ってみたのですが、お店のまわりには鰻を焼く素晴らしい香りが漂っています!
もちろん一番乗りでした(^^
この日は毎年お弁当の注文やお店の予約のお客さんでごった返すため、店内で食べられるのは「うな重(上)」のみです。
江戸前鰻のお店なので「蒸す」という調理工程が必要なので、時間がかかるだろうとゆっくり待つ覚悟だったのですが、なんと5分もしないうちに出てきました!
お客さんが次々にやってくるのでどんどん焼いて蒸して焼いているのでしょう(^^
お重の上には丸ごと一匹の鰻が横たわっています!
そしてさすがは江戸前!と叫びたくなるほどフワフワでとろけそうな食感は涙ものでした(^^
鰻自体の臭みも全く無く、タレは甘さ控えめで私好みのもの!
無我夢中で頬張ってもう大満足!


20060723170113.jpg

肝吸い」も付いています。
鰻は江戸前ですが、このお吸い物はさすがに関西風の超薄味の上品なもの。
肝もとても新鮮なためかプリプリでした!


20060723170136.jpg

さらにお漬物が付いた「うな重(上)」は1700円です。
この内容でこのお値段は驚くべき安さだと思います(^^


 20060723170205.jpg

店内には色々な骨董品が並べられ、レトロな雰囲気がとても良かったです。


20060723170243.jpg

私の後にも次々にお客さんがこの絶品うな重を求めてやってきました!
日曜日の10時半といえばまだ早朝のような時間帯ですが、このお店の中はもう戦争のようになっていました!
土用の丑の日は黙っててもお客さんが来るし、焼きも甘くなるので「土用の丑の日はお店で食べるな」と言う人もいるくらいですが、少なくともこのお店は全くそのような事がありません。
そのためにメニューが一つしかないのですから(^^
しかしながら実は私は鰻のサイドメニューが大好きで、もしあればいただこうと思っていたのでちょっと残念です・・・

という事で、2軒目に行くことにしました!
詳細は後ほど(^^



【志津可】

住所 : 大阪市北区西天満1-13-7 地図
電話 : 06-6364-9129
営業時間 : 10:30~20:00
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝

スポンサーリンク