スポンサーリンク

熱々せいろで体ポカポカ! 西天満 「三原」

FI2226393_0E.jpg

本日のランチは西天満にあるせいろ蒸し料理のお店「三原」に行きました。
夜は様々な蒸し料理がいただけて、お昼は熱々のせいろご飯をいただくことが出来るお店で、本日はこの「三色せいろ」をいただきました。
三色というのは具が3種類という意味で、あさり、鮭、鶏そぼろの3種類と錦糸玉子が盛り付けられています。
四角い木の器で、ものすごい湯気とともに素晴らしい香りを醸しながら提供されたせいろ蒸しご飯!
アサリはプリプリで甘辛く味付けられていて、鶏そぼろは少し甘め。
そして鮭の塩加減が絶妙でそれぞれが主張しすぎることも無く、うまい具合に調和を保っています。
ご飯の炊き加減(というのか蒸し加減というのか)は私好みのちょっと硬めで、もち米も少し配合されているようで硬いだけでなくホッコリとしていて大変美味しかったです!

FI2226393_1E.jpg

味噌汁とお漬物が付いて800円。
最後の最後まで熱々で、今日はそれ程寒くなかったせいかうっすらと汗をかきました。

FI2226393_2E.jpg

せいろご飯はお好みの具を1色でも2色でも3色でも好きな組み合わせでしていただけます。
しかし何も言わずに「三色せいろ」とだけ言うと、このようにあさりと鮭と鶏そぼろになるようです。
本日は始めて訪れたこともあり、せいろご飯の基本の具(かどうかは分かりませんが・・)を試そうとコチラをいただきました。
いつかは鰻せいろ蒸しご飯の「福」を食べてみたいです(^^

FI2226393_3E.jpg

このようなヘルシーな食べ物は女性に人気があるのでしょうか?
お客さんは圧倒的に女性が多かったです。
この裁判所近くの老松界隈は高級なお店や老舗が多い中、このお店もかなりの人気店のようで、特に夜にいただける「茶碗蒸し」や「魚介類の海鮮蒸し」は絶品だそうです!
と聞くとどうしても行きたくなってしまいますね(^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする