スポンサーリンク

輝かしい経歴と高き実力に感動です! 豊中市 「Cui LARDOISE(キュイ ラルドワーズ)」

本日のランチは豊中市にあるフレンチ洋食のお店「Cui LARDOISE(キュイ ラルドワーズ)」に行きました。
1月9日にオープンしたばかりのお店ですが、とても良い評判があまりにも色々な方面から入ってくるので、早速行ってきました。
そしてその評判が本当であること分かったどころか、それ以上の感動をさせていただきました!
こちらのお店は輝かしい経歴を持たれる石川義丈シェフが、昼も夜もたった一人で切り盛りされているお店で、ランチメニューは1種類のみです。
平日は1000円、土日祝は食材がちょっと豪華になって1300円で、日替わりでご用意いただけます。
今日のランチのメインは「若鶏と岡山県日生の牡蠣、朝摘み大根、ほうれん草、白菜、水菜、プチトマトのサフランスープ仕立て」です。
それぞれの食材の旨味を最大限に引き出すように、しっかり煮込むもの、さっと煮込むものに分けて、しかもそれらが見事に融合するよう緻密に計算され尽くした煮込み料理です!
このような調理法が得意なのだそうです!

DSCF2765-2.jpg

まずはとてもいい色をしたブイヨンベースのサフランスープをいただきます・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うま~い!
様々な食材の旨味が凝縮した、素晴らしい味わいです!
石川シェフによると、今日のブイヨンは特別良いのがひけたそうです!
添えられた柚子胡椒を入れると、味が引き締まってさらに美味しくいただけます!

DSCF2760-2.jpg

大きな日生の牡蠣・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うま~~~い!
牡蠣本来の旨味に、絶品サフランスープが染みまくっていてめちゃくちゃ旨いじゃないですか!
こんな牡蠣料理、初めていただきましたが、これ本当に激旨です!
今日のこの料理は、試作無しで、頭の中だけで組み立てて、今日の第一番目の客の私に初めて作ったのだそうです!
恐らくベテランになればなるほど、実力があればある程、頭の中のイメージと全く同じものがいとも簡単に作れてしまうのでしょう。
本当に素晴らしいです!

DSCF2773-2.jpg

野菜の下には大きな鶏肉が隠れています。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

めっちゃ柔らか~!
ホロホロになるまでしっかりと煮込まれていて、びっくりするほど柔らかいです!
スープも最後の一滴まで残らずいただいて大満足!

DSCF2733-2.jpgDSCF2774-2.jpg

ランチには普段はスープとパンが付くそうですが、今日は良いブイヨンがひけたのでメインをスープ仕立てにしたため、サラダに変更したそうです。

DSCF2778-2.jpgDSCF2725-2.jpg

コーヒー、デザートは各200円で付けられるので、コーヒーをいただきました。
後でシェフとお話したのですが、パティシエとしての経験も長かったそうで、お値打ちのデザートがたった200円で食べられるのなら、食べておけばよかったと後悔しました(^^;

DSCF2782-2.jpgDSCF2732-2.jpg

黒板に書かれた夜メニューはあまりにも魅力的です。
重いフレンチではなく、カジュアルな洋食フレンチを目指されているようで、こちらのお店の一押しの料理は「ロールキャベツ」だそうです。
これだけの一流フレンチシェフが、自らがお薦めと言われるロールキャベツ・・・
どうしても食べてみたくなりました(^^
たまにランチの日替わりにも登場するそうです!

こちらのお店はシェフがお1人で全てを切り盛りされているので、お客さんがいっぱいになれば待つ時間が長くなるようなので、ゆっくり気長に構えて行くのが良いでしょう(^^

DSCF2727-2.jpgDSCF2729-2.jpg

まだ新しい店内は、清潔感あふれるとても居心地の良い空間です。
カウンターはオープンキッチンになっていて、シェフの手元が全て丸見えで、お客さんにそれを見ていただきたいのであえてこの形にされたそうです。
またおしゃべりが大好きというのもあるのでしょう(^^

DSCF2722-2.jpg

オープンして間もないお店だというのに、平日は毎日満席で2回転するそうです!
土日祝はポツポツとした入りらしく、今日も他にお客さんが少しだったのでシェフとゆっくりとお話が出来ました。
18歳で単身で渡米、7年間様々な修業を積まれた後、フランスへ渡り、アラン・デュカスさんのもとで5年間修業されたそうです。
その後日本では、梅田のブルディガラで5年間総料理長、中之島公会堂の中之島倶楽部でも5年間総料理長をされていたそうです。
私が以前食べた絶品オムライスは、石川シェフが作ったものかもしれません(^^
心斎橋の老舗ビストロのビストロ・ダ・アンジュアルションでも長く修業されたそうで、その頃にお菓子作りをされていたそうです。
本当に輝かしい経歴ですが、間違いなくそれ以上の実力を持たれています。
そして料理や飲食店経営に対する考え方がものすごくしっかりしている素晴らしいシェフだと思います。
すぐに予約の取れないお店になることでしょう!
現に最近は、ランチに来られたお客さんがその場で夜の予約をして帰られる人がとても多いそうです!
本当に予約が取れなくなる前に、早めに夜に行ってみようと思います(^^

定休日は不定ですが、お店のHPで公開されていますので、ご確認ください。

【Cui LARDOISE(キュイ ラルドワーズ)】

住所 : 大阪府豊中市東豊中町5-30-25 地図
電話 : 06-6848-2123
営業時間 : 11:30~14:30、17:00~22:00(L.O21:00)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 不定休(休日はこちらでご確認ください)
客席 : カウンター8席、4人掛けテーブル×1、2人掛けテーブル×1(テーブル席最大8席まで可)
喫煙 : 終日禁煙
駐車場 : 無(お店の近所に有料コインパーキングあり)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする