スポンサーリンク

暑いときこそ沖縄料理! 同心 「創嬉屋(そうきや)」

20060814150446.jpg

本日のランチは北区同心にある沖縄料理のお店「創嬉屋(そうきや)」に行きました。
本日会社は休みなのですが、どうしても出なければならない仕事があったため普通に仕事をしておりました。
もちろん世間でも本日は休みの会社が多いようで、大阪市内の道路はガラガラです(^^
逆に梅田周辺は家族連れや若者でごった返しておりました・・・
こんな大混雑したところでランチをいただきたくなかったので、出来るだけ中心部から離れたところまで避難しました(^^
せっかくのお盆ですので、どうせなら沖縄のリゾート気分を味わおうと思い、こちらのお店に行きました。
夏こそ沖縄料理ですね!

こちらは「ソーキそば」という沖縄の名物そばです。
まずこのスープですが、鰹の風味が効いたとても上品なもので、独特の甘味があります。
豚肉から出る甘味なのかどうか?よく分かりませんが、この沖縄そばでしか味わえないもので、この上品さはある意味病み付きになりそうな味です(^^

20060814150459.jpg

麺はうどんの平麺のようなタイプなのですが、腰があるというよりは「硬め」の食感が特徴で、麺自体にもうっすらと塩味がついています。
この硬さは最後の最後まで柔らかくなる事がありませんでした!

20060814150512.jpg

こちらが骨付きの豚バラ肉に味を付けて柔らかく煮込んだ「ソーキ」です。
かなり巨大な肉の塊でしたが、骨からホロリとほぐれる身はトロトロになるまでよく煮込まれています!
また甘辛い味がしっかりと染み込んでいてとても美味しかったです!
これをアテに泡盛を飲んだらさぞ美味しいことでしょう(^^

20060814150632.jpg

島とうがらしを泡盛で漬けて熟成させた「コーレーグース」も当然用意されていました!
以前NU茶屋町の「かつ里」に行ったとき店員さんが「大変辛いですから気をつけてください」と言っていたものですが、このお店でもしっかり注意書きがありました(^^
しかしどう考えても1滴や2滴では私にとっては全く辛くないので、遠慮しつつドボドボっと50mlほど入れてみました。
かなりいい辛さになっています!
もっともっと入れたいところでしたが、繊細なスープの味がかなり変わってしまい、これ以上入れると原型が分からなくなりそうなのでやめておきました(^^;

20060814150547.jpg

お昼に行くとこのそばに「ジューシー」という沖縄風炊き込み御飯が付きます!
こちらの味もとても繊細で、素晴らしい昆布の風味がたまりません。
豚肉が具として入っていたので、豚肉からもいい味が出ているのでしょう(^^
そしてお箸では食べにくいほどのパラパラの炊き加減がなんとも言えず美味しかったです!

20060814150604.jpg

さらに「彩り定食」というものにするとこのようにおかずも付きます。
冷奴、椎茸と昆布の煮物、スパム、梅干しです。

20060814151129.jpg

これだけの充実した内容の「ソーキ彩り定食」は830円ととてもお値打ちです!

20060814150700.jpg

お昼はこの「ソーキそば」と「沖縄そば」の2種類が基本です。
沖縄そばはソーキの代わりに三枚肉(ラフテー)になります。

20060814150716.jpg

それほど大きくない店内の奥に・・・ありましたありました!
夜はこの沖縄三味線が大活躍して大いに盛り上がるのでしょう。
私も泡盛をたっぷり飲んで気持ちよく踊ってみたいです(^^

【創嬉屋(そうきや)】

住所 : 大阪市北区同心2-4-16 地図
電話 : 06-6351-3773
営業時間 : 11:00~22:00
土曜ランチ : ?
日曜ランチ : ?
定休日 : 不定休

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする