スポンサーリンク

焼肉定食発祥のお店! 曽根崎 「大同門」

FI2320639_0E.jpg

本日のランチは曽根崎にある焼肉屋「大同門」に行きました。
毎週欠かさずに録画して見る大好きなTV番組「魔法のレストラン」で、このお店が日本で初めて「焼肉定食」を始めたことを知って食べたくなったからです。
関西地区では知らない人はいないほどの有名な焼肉チェーンですが、意外にこのことは知られていません。(って知らなかったのは私だけかも・・・)
そして「焼肉定食」は確かにありました!
四角い和風の弁当箱に焼肉、ナムル、ご飯、サラダという定番メニューです。
とても美味しそうだったのですが他にも美味しそうなものだらけで、散々迷った挙句この石焼きビビンバと冷麺の「ハーフ&ハーフセット」1000円をいただきました。
何という意志の弱さ・・・

FI2320639_1E.jpg

ジュ-ジュ-いいながら出てきた石焼ビビンバは、ハーフといってもなかなかの大きさで、肉のそぼろとナムルがしっかり乗っています。
付属のコチジャンを全部かけてよくかき混ぜていただきましたが、久々のビビンバはとても旨かったです!

FI2320639_2E.jpg

そしてこのおこげがまたたまりません!
とても香ばしい香りのおこげをせんべいのようにバリバリいただきました(^^

FI2320639_3E.jpg

冷麺の麺は歯では絶対に噛み切れないタイプの本格的なもので、用意されているはさみで自分でザクザク切っていただきます。
スープははとてもさっぱりとしていて、お酢をかけていただくとさらに爽やかな味になりました!

FI2320639_4E.jpg

左上が創業から愛され続けている「焼肉定食」です。
でも他にもこんなにに魅力的なものばかりあれば、誰でも迷ってしまいますよね?
とても頑張っているお店なのですがこの「大同門」は、牛肉のBSE問題等で収益が悪化し、民事再生法の適用を申請しているそうです。
営業はそのまま続けるそうですので、お近くの方は是非応援してあげましょう(^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする