いきなり裏メニューから! 浪速区 「マジックスパイス」

スポンサーリンク
20060529165312.jpg

本日のランチは浪速区にある札幌からやってきたスープカレーのお店「マジックスパイス」に行きました。
多くの方々からこちらのお店をご推薦いただいておりましたが、機会が無く今までいけませんでしたが、本日やっと行くことが出来ました!
「激辛」大好きな私に多くの方が薦める理由・・・
それはこのスープカレーの辛さを7段階から選べて、一番辛いものはとんでもない辛さだというのです!
7段階の辛さとは・・・

★覚醒…マジスパ辛世界の入門編 \60
★瞑想…ちょいとピリ辛・脳細胞目覚めます \90
★悶絶…涅槃宇宙の前の峠です \130
★涅槃…この辺りからマジスパ辛宇宙が展開 \190
★極楽…辛いは旨い…を実感するでしょう \200
★天空…固定観念既成概念も吹っ飛んで… \210
★虚空…どなた様も虚空界に飛んでいただきます \250

面白い名前の7段階ですが、私が注文したのはもちろん一番辛い「虚空」・・・ではありません!
メニューに乗っていない、これをはるかに越える辛さの「裏メニュー」です!
「極楽」以上からピッキーヌという青唐辛子が入るのですが、「虚空」はそのピッキーヌが25本入っているそうです。
そして私がいただいたのはピッキーヌが50本入った「虚空50」というメニューです!
ただ実はこの上にはまだ3段階の辛さ「虚空100、150、200」があるのですが今日は初めてということで自重しておきました(^^
果たして「虚空50」の辛さは・・・
久しぶりに目が醒めるような辛さではありましたが、やはり私にとってはまだまだ余裕がありました!
一気に200でも良かったと思いました(^^;


20060529165418.jpg

そしてスープカレーの味ですが、もうびっくりするくらい美味しかったです!
私の大好きな味です!
素晴らしいスパイスの香りと深いコク、辛いだけでなく野菜からでる甘味、そしてピッキーヌの痺れるような辛さが絶妙なのです!
口の中が熱くなる辛さではなく唇が痺れる系の辛さで、これはこれで十分に楽しめました!


20060529165400.jpg

ごはんはサフランライスで上に乗っている「味ごっち」という味付け玉子は+150円のトッピングです!
この味付け玉子も旨かったです!
何で味付けしているのかは分かりませんでしたが、黄身の味が素晴らしく強調されて本当にものすごく旨かったです!
これをアテにビールが飲みたくなりました(^^


20060529165447.jpg

こちらのカレーはまず基本となるカレー(チキン、ビーフ、シーフードなど)を選ぶシステムなのですが、本日は「ポーク角煮」を選択。
柔らかく煮込まれた旨みたっぷりのこの角煮がゴロゴロと大量に入っていました!
またこのスープカレー、野菜の種類がとても多く、おそらく10種類以上は入っていたと思います!
そしてこの野菜は辛くなればなる程量も増えるそうです。
ただ辛くするだけでなく、同時に野菜の甘味も足していくので辛くても旨いのだそうです!
素晴らしいスープカレーですね(^^


20060529165626.jpg

激旨の味付け玉子にカレーをつけていただくとさらに美味しくなりもう感激でした!


20060529165708.jpg

辛さが少し足りなかったのでテーブル上の「激辛スパイス」を振りかけたらかなり美味しくなりました。


20060529170630.jpg

こちらがメニューです。
ポーク角煮カレー」は1030円なのですが、12:00~14:30までのランチタイムは100円引きの930円になります。


20060529170614.jpg

トッピングの種類もすごくたくさんあり迷ってしまいましたが、基本のカレーはすでに大量の具が入っているので何も入れなくても十分なボリュームでした!


20060529170648.jpg

店内は異国情緒満点の雰囲気です(^^


20060529210439.jpg

不便な場所にあるのですが、お店の南側に2台の駐車場がありそれ以外に2箇所の有料駐車場で100円分のサービスチケットがいただけます!


20060529170710.jpg

建物も真っ赤で遠くからでも一目で分かるとても目立つ建物です。
次回は「虚空200」よりも辛いといわれている最強の裏メニュー「アクエリアス」を是非食べてみたいです!



【マジックスパイス なにわ店】

住所 : 大阪市浪速区稲荷1-10-20 地図
電話 : 06-4392-8877
営業時間 : 11:30~15:00、17:30~23:00(L.O22:30)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 水・木

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする