スポンサーリンク

下町の実力洋食屋 九条 「一心亭」

20060601131634.jpg

閉店しました
本日のランチは西区九条にある洋食屋さん「一心亭」に行きました。
通勤途中に毎日毎日このお店の前を通り、とても気になっていたお店にやっと行くことが出来ました。
いただいたのはこのお店の名物のビーフカツレツと大きなエビフライ、サラダが付いたその名も「ランチ」というシンプルな名前の豪華なセットです(^^
巨大な名物のビフカツはコーンフレークの衣に包まれていて、これがサックサクに揚がっています。
衣の色から見てかなりの高温で揚げられているようですが、この揚がり具合が見事なのです!
またとても質の良い油で揚げられているようでコクも非常に深いので、これはもしや「ラード」で揚げられているのかと思いお店の方に聞いてみると、なんと「ヘット」で揚げているというのです!
ラードは豚の脂、ヘットはすき焼きの時に使う牛の脂です。
なるほどトンカツにはラード、ビフカツにはヘットが一番合うのでしょう!
素晴らしいこだわりのとても美味しいビフカツでした(^^

20060601131649.jpg

お肉自体はそう厚くはありませんがとても柔らかいお肉です。
そして何といってもこのビフカツは衣を楽しむものだと思います(^^

20060601131703.jpg

開いたエビフライではありますが、肉厚で超特大です!

20060601131717.jpg

巨大なビフカツに巨大なエビフライ、かなり分厚くかっとされたロースハムにキャベツの千切り、ポテトサラダ、温野菜にケチャップスパゲティが添えられ、大盛りのご飯が付いた超ボリュームの「ランチ」は1500円!
これだけボリュームがあってこだわりの内容でこのお値段はかなりお得です!

20060601131733.jpg

他にも洋食屋さんの定番メニューが揃いますが、「牛肉料理」が得意のようです(^^
そしてふと見るとビールの大瓶が480円です!
これはさすが下町の洋食屋さんですね(^^

20060601131753.jpg

中央大通り沿いにそびえ立っているこのお店の創業は大正12年だそうです。
確かに店内は歴史を感じる昔懐かしい内装ではありますが、とても清潔感あふれるお店です。
12時少し前に入ったときは数名だったお客さんが12時を境に一気に増えてすぐ満席になり、そのほとんどのお客さんが値段的には安くはないと思われるこの「ランチ」食べていました。
下町で長く愛され続けるお店の名物は一度いただくと、間違いなくクセになる味だからでしょう(^^

【欧風料理 一心亭】

住所 : 大阪市西区九条1-25-2 地図
電話 : 06-6581-8637
営業時間 : 11:30~14:30、17:00~20:00
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 水曜日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする