ギトギトなのに軽い焼きそば?! 豊中市 「南ばん亭」

スポンサーリンク
FI2501024_0E.jpg

本日のランチは豊中市桜の町にあるラーメン屋さん「南ばん亭」に行きました。
先週このお店の姉妹店の「南蛮亭」の記事を書いたら、こちらの「焼きそば」が美味しいと言う情報を得て早速食べてきました!
先週行ったお店にはこの焼きそばはなく、こちらだけのメニューのようです。

一目で分かるこのギトギトさ!
作るところを見逃してしまったのですが、これは恐らくソースは使われていません。
調味料だけで味を調整していると思うのですが、この味付けが絶妙です!
油でギトギトでとてもこってり感じるのですが、意外に食べていて重くないのです。


FI2501024_1E.jpg

その理由はこの麺にあるのだと思います。
とても細くてシコシコと弾力のある麺はとても軽い食感なのです!
それにしてもこの画像、本当にギトギトですね(^^;
このとても個性的でハマってしまいそうな旨さの「焼きそば」は一人前550円です。


FI2501024_2E.jpg

そしてこちらは先週感動した「焼き飯」です。
こちらのお店の方が美味しいとの噂もあり試してみました。
見た目はほぼ同じなのですが、味はこちらの方が若干薄めです。
ご飯しっとりはしていましたがあまりパラパラではありませんでした。
作る人によっても変わるのでしょうが、私はニノ切りの南蛮亭の焼き飯の方が好みでした(^^

しかし!
奥に見えているスープ!
ニノ切りの南蛮亭ではスープは付いていませんでしたが、こちらでは白濁したスープが付いています。
このスープが激旨なのです!
このお店の「白ラーメン」のスープと同じなのかアレンジしているのかは分かりませんが、濃厚なとんこつの風味と絶妙の塩加減で何とも言えず旨いのです!
焼き飯の味の薄さを補って余りある味です。
というか、焼き飯が薄いのはこの味の濃いスープと合わせるためなのかもしれません!
もしそうであるとすればこれは非常に完成度の高い「焼き飯セット」と言えるでしょう。
お値段はニノ切りの南蛮亭と同じく500円でした。


FI2501024_3E.jpg

具はほとんど同じで、こちらも旨味たっぷりの焼豚の細切れが入っていました(^^


FI2501024_4E.jpg

朝11時半が開店時間だと思いのですが、お店に付いたのが11時35分頃。
驚くべきことに店内はほぼ満席でかろうじてカウンターに座ることが出来ました。
二ノ切りの南蛮亭ではありえない光景です!

焼き飯についていたスープがこのお店のラーメンのスープだとするとこれは旨すぎるラーメンであることが容易に予想できます。
次回は是非このお店でラーメンを食べてみたくなりました(^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする