スポンサーリンク

高知の山奥の素敵な民家で絶叫するほど旨いうどんが食べられます!  高知県  「とがの藤家」

本日のランチは高知県高岡郡佐川町にあるうどん屋さん「とがの藤家」に行きました。
次に高知に行くことがあれば、必ず行ってみようと思っていたうどん屋さんにようやく行くことが出来ました!
須崎市から国道494号線を北上し、佐川町へ行くとても険しい山道の中腹の脇にある、古い民家を改装したお店です。
周囲が山に囲まれた場所にひっそりと佇んでいるお店は、知らなければ絶対に辿り着くことは出来ないでしょう。
そんな山の中で、びっくりするほど美味しいうどんが食べられるという噂を信じて行ってきました。
そして、その噂をはるかに凌駕するほど、もう絶叫するほど美味しいうどんが食べられました!
選ぶのに困ってしまうほど魅力的なメニューがたくさんあり、今日は一人で行ったのですが、絶対に2杯食べようと決めていました(^^

一杯目は「スタミナぶっかけ」(800円)
和牛肉と温玉がトッピングされたぶっかけうどんは、器自体はそれほど大きくはありませんが、麺がぎっしりギシギシに入っていて、うどんだけでも凄まじいボリュームです!
これを見てちょっとひるみましたが、これを提供いただいた時に、とても美人で感じの良い女性の店員さんに「かけうどん」もその場でお願いしました。

DSCF2824-2.jpgDSCF2841-2.jpg

別添えのぶっかけ出汁をかけて、やや細めの麺をひっぱりあげると・・・
ビヨ~~~んと伸びる伸びる!
もうそれだけで食べる前から嬉しくなってしまいます!
今日は2種類の麺持ち上げ画像ですが、うどん好きの方はこの2枚の写真を見ただけで、このうどんの状態がどれほど素晴らしいかお分かりいただけることでしょう(^^

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うま~~~い!
素晴らしく伸びが良くモッチりした麺は、グニュムニュと心地よく歯に食い込みながら優しく跳ね返してきます。
この微妙な感覚が、私にとってはもうピタリと好みにハマってしまいました!
小麦の風味に溢れるツルッツルのうどんは喉越しも爽快です!
あ~、わざわざここまで来て良かった~と、心底感動させていただきました。

DSCF2861-2.jpgDSCF2858-1.jpg

温泉卵をつぶして絡めて食べたら・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

旨すぎます!
このうどんで釜玉うどんが食べたくなりました(^^

お肉・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

しっかり甘辛味く煮つけられたお肉は、まるですき焼きのお肉を食べているのかと錯覚するほど美味しいお肉です!
これだけでビール1本飲めそうです(^^

食べている途中、とても綺麗なもう一人の女性の店員さんが、わざわざ2階まで上がってきて「あと6分くらいでかけうどんが出来上がります」と言いに来てくださいました。
このサービスは嬉しかったですね!
残りのうどんをちょうど6分かけて食べ終えると・・・

DSCF2865-2.jpg

かけうどん」(380円)が登場しました!
既にぶっかけうどんだけでお腹がパンパンになっていたというのに、これを見てびっくり!
具こそありませんが、これまたうどんがぎっしりじゃないですか!
ちょっと焦りながら女性の店員さんに「す、凄いボリュームですね・・・」と言うと、とても可愛い笑顔で「はい、うちのうどんはボリュームがあるのですよ」と嬉しそうに言われました。
でもお腹はいっぱいではありましたが、このルックスを見ているだけで、胃袋にどんどん隙間が出来ていくではないですか(^^
さらにお出汁の何とも言えず旨そうな香りが食欲を刺激します!
まずはそのお出汁をデッドに飲んでみます。
レンゲも添えてくれていましたが、私はあえてデッドに飲みました・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

う、うまい!しみじみ旨い!
とても上品な中に様々なお出汁の旨味が凝縮しています。
ほおっておくといつまでもお出汁ばかり飲んでしまいそうなほど、ハマってしまう味わいです。
このお店は「讃岐うどん」のお店だと思っていたのですが、しかしながらこのお出汁はいりこではなく、鰹と昆布です。
店主の方は讃岐ではなく独学なのかな?などと考えながら、美味しいのでそんなことはどうでもよくなります(^^

DSCF2896-1.jpgDSCF2886-2.jpg

うどんをずるずるずる~・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

あ~、もう予想通りのモチモチ感です!
このお出汁とベストマッチの素晴らしいかけうどんです!

うどんを全部食べると、もう本当にお腹がはち切れそうになりましたが、それでもこのお出汁を残さず飲みたくなってしまうほど、美味しいお出汁でした!

DSCF2772-2.jpgDSCF2770-2.jpg

魅力的すぎるメニューです。
このお店は、讃岐感覚で一人で2杯3杯食べられるような量ではなく、大阪のうどん屋さんのように、1人前でお腹がはち切れそうになるほどの破壊力のあるボリュームです。
それを私は一人で2杯食べたわけですが、お腹はいっぱいになりましたが、不思議と苦しさはなく、心地良さだけが残っていたのがとても印象的です。
簡単に行ける場所ではありませんが、このお店でたくさんの種類を食べるには、もう通って通って通いまくるしかありません(^^

DSCF2787-2.jpgDSCF2775-2.jpg

古い民家を改装してお店にした、とても素敵な空間です。
お店に入って2階席を発見し、一人だったのですがどうしても2階に行きたくて、「2階でもいいですか?」とお伺いすると、快く「はいどうぞ~」と2階に通していただけました。
私が座ったこの座敷の横の窓からは、こんなに素晴らしい風景が広がっています!
そして、その窓の外からは、まさに耳の横で鳴いてるんじゃないかと思うほど近くから、鶯の鳴き声が聞こえてきます。
もうたまらないロケーションですね!
そしてこんなに素晴らしい雰囲気の中で、こんなにおいしいうどんが食べられるなんて、もうこれ以上の幸せはありません(^^

DSCF2900-2.jpgDSCF2902-2.jpg

2階席には3つのテーブルがあります。

DSCF2906-2.jpgDSCF2904-2.jpg

1階は10人掛けの大きなテーブルと、座敷席があり、その座敷から2階へ上がる階段がのびています。

DSCF2908-2.jpgDSCF2909-2.jpg

お店の庭には、テラス席も2箇所設けられています。
今頃の気候では、このテラス席で食べるのが最高かもしれません(^^

DSCF2765-3.jpgDSCF2911-2.jpg

あまりにも感動したので、ご主人に「とても美味しかったです。ご馳走様でした。」とご挨拶させていただきました。
とても誠実そうで、人の良さがにじみ出ておられる優しさ溢れるご主人は、やはり讃岐で修業された方のようです。
坂出周辺の何店舗かのお店で長年修業されたそうです。
お出汁が「いりこ」でないのは、いりこ出汁は高知の人に好かれないからだそうです。
節を使いすぎるのも好まれないので、椎茸やじゃこなども使って、丁寧にお出汁を取っているそうです。
なるほど、それは美味しいはずですね!
不便な場所にあるからこそ、余計にこのお店の価値が上がるような気がします(^^
今後高知に行くことがあれば、必ず寄りたいお店です!

車でしか行けない場所ですが、お店の周辺は駐車禁止道路ではないので、周囲の迷惑にならなければどこにとめても良いそうです。
ただやや細い道なので、自信が無い方は、国道沿いのこの辺りに広い公園がありそこに広い駐車場があるので、そちらを利用することをお薦めします。
お店からは徒歩1分もかからない場所です。

こういうお店で飲食させていただける幸せを心から感謝して、そして被災地の一日も早い復興を祈るばかりです。

ラーメン義援隊」の義援金募金活動にご協力を

うどん義援隊」の義援金募金活動にご協力を

Mの義援コーヒー」で美味しいコーヒーを飲みながら義援活動にご協力よろしくお願いいたします。

M Premium coffee

【とがの藤家】

住所 : 高知県高岡郡佐川町中組1325-1 地図
電話 : 0889-22-3908
営業時間 : 11:00~17:00(麺切れ次第終了)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 火曜日
客席 : 10人掛けテーブル×1、1階座敷・・4人テーブル×2、2階座敷・・4人テーブル×3、テラス席×2
喫煙 : 
駐車場 : 店舗周辺駐車可(周囲の迷惑にならないように)、近所の公園(徒歩1分)の駐車場使用可 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする