黒いチャーハンが旨い! 守口市 「新福菜館 守口店」

スポンサーリンク


本日のランチは守口市にあるラーメン屋さん「新福菜館 守口店」に行きました。
最近「黒いチャーハン」に凝っているのですが、チャーハンの第一人者「まろんと炒飯」の岸和田市民さんから「Mはん、ここの黒い炒飯もうまいで~」と教えていただいたお店です(^^
京都にある超有名店「新福菜館」の暖簾分けになるようですが、本店の噂だけは聞いていましたが行った事はありませんでした。
岸和田市民さん曰く、京都の本店の黒い炒飯よりこのお店の方が断然美味しいとのことなので、はりきって行って来ました!
中華そばとセットでいただいたので「小焼きめし」になるのですが、「小」でも十分1人前としてのボリュームがあります。
美しく黒光りした香りがとても香ばしい炒飯です!


20070520110817.jpg

今まで食べてきた黒い炒飯は、色は黒いのにその色ほど味が濃くないという共通の特徴がありましたが、この炒飯もやはりそうなのです!
味自体はしっかりと付いているのですが、全然濃くありませんし塩辛くもありません。
たくさん入ったチャーシューのかけらから出る旨味成分と焦がし醤油の香ばしさが何とも言えず美味しかったです!


20070520110848.jpg

こちらは「中華そば(たけ)」です。
たけ」というのはメンマ入りということです。
ちょっと引いてしまうほど黒々としたスープにかなり驚きました!
そしてこのスープは黒い炒飯とは違い、見た目どおりものすごく味が濃いです。
醤油辛いです。
出汁もよく効いていて醤油味も美味しいとは思うのですが、私には濃すぎました(^^;
ただこれでも京都の本店よりは味は薄いそうです。
ということは京都では・・・・食べないほうが良さそうですね(^^


20070520110938.jpg20070520111006.jpg

麺はやや太目のストレートで食べ応え満点!
そしてこのメンマはかなり(゚Д゚)ウマー!
最初薄い色をしていたのに少しスープにつかるだけでみるみる黒くなりましたが、そのスープの味と合わさってかなり美味しくなるのです。
これはビールのアテとして食べたら最高でしょうね(^^


20070520111050.jpg20070520111118.jpg

中華そばは麺の硬さやスープの濃さなどをお好みでオーダー出来るということを後から知ったのですが、スープは薄めでお願いするとちょうど良かったのかもしれません。
ゆで卵が無料で食べられるというのは嬉しいサービスですね!


20070520111138.jpg20070520111153.jpg

シンプルなメニューです。
焼きめしの「」を注文する人が意外に多かったということは、この味にハマッてしまってる人が多いということでしょう。
また中華そばと白いご飯を食べている人も結構おられましたが、この濃いラーメンには白いご飯の方が合うかもしれません(^^


20070520111224.jpg

1階がカウンター、2階がテーブル席のようで満席にはなっていませんでしたが、お客さんが次から次へとひっきりなしに入ってくるほどの人気店です。
この黒い炒飯、黒い中華そばそれぞれに熱狂的なファンがいるのだと思います。
私にとってはちょっと不便な場所にあるお店ではありますが、この黒い炒飯が食べたくなったらまた行きたいお店です。


《過去に食べた黒いチャーハン集》

その1・・・「珉宝」(吹田市)
その2・・・「支那そば 淳」(北区中崎西)
その3・・・「中国料理 Ching-Ming」(阪急三番街)
その4・・・「火鍋楼 朱夏」(心斎橋)





【新福菜館 守口店】

住所 : 大阪府守口市京阪本通1-2-12 地図
電話 : 06-6991-1755
営業時間 : 11:00~21:00
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 水曜日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする