スポンサーリンク

うどん超激戦区に本格派の登場! 守口市 「讃岐うどん 凡蔵」

本日のランチは守口市にあるうどん屋さん「讃岐うどん 凡蔵」に行きました。
実は今日は「紅屋」といううどん屋さんに行くつもりだったのですが、14時過ぎに行くと麺切れだったのでしょうか、すでに閉店していました。
ここに来てここが閉まっていても、この近所にはあの名店「踊るうどん」があるので、久しぶりに踊ろうかなと思って周囲を歩いていると、このお店を発見したのです!
どこかで聞いたことのある店名、そしてただならぬ旨そうな雰囲気がムンムンとしているこのお店に吸い込まれるように入っていきました(^^
メニューを見ると「オープン1週間は6種類のみとさせていただきます」と書いてあるので、店員のおばさんに「ここ、いつオープンしたのですか?」とお伺いすると、
「昨日オープンしました」とニッコリ!
何故か私はこういう縁があるようです(^^
一人で行ってうどんを2杯注文したのですが、「どちらからお持ちしましょうか?」ととても丁寧にご対応くださいます。
「一緒でいいですよ」ということで、まずは
ぶっかけうどん」(550円)
素朴な盛り付けがいいですね!

DSCF8427-1.jpgDSCF8450-1.jpg

細くもなく太くもなく程良い太さのうどんは、断面が真四角なほど鋭くエッジが立っています!
酢橘を絞ってズルズルズル~・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

旨い!
しっかりした跳ね返しの腰、適度な伸びと弾力、爽快なのど越し、そして小麦の風味が素晴らしい!
腰は強いですが、顎が疲れるほどではなく、全てが中庸です。
食べていてホッと安心できる素朴さがとても気に入りました(^^

DSCF8434-1.jpg

かけうどん」(390円)
たった390円ですが、しっかりとしたボリュームがあり、わかめがたっぷりとトッピングされています!
「伊吹産いりこ出汁」とメニューに書かれていたので、まずはデッドにお出汁を飲んでみます。
色からも想像がつきますが、醤油がやや強めなので、最初はいりこの風味が分かりませんでしたが、飲んだ後に鼻から息を抜くと、なんとも素晴らしいいりこが感じられました!

(゚Д゚)ウマー!

DSCF8441-1.jpg

冷たいうどんよりもソフトですが、モチモチ感が素晴らしい!

(゚Д゚)ウマー!

390円でここまで幸せにさせていただけるなんて!

DSCF8420-1.jpgDSCF8418-1.jpg

うどんも素朴ですが、店内も素朴でホッとできる空間です(^^

DSCF8413-1.jpgDSCF8412-1.jpg

このお店について調べてみたのですが、やっぱりこのお方がオープン初日に行っておられました!
さすがですね(^^
男前の店主の方と少しお話しさせていただきましたが、非常に真面目そうな好青年です!
神戸の「凡蔵」は兄弟子にあたるとおっしゃっておられたので、香川から直接暖簾分けをされたのだと思いますが、いずれにせよ本格讃岐うどんが大阪に上陸したのは嬉しい限りですね(^^

DSCF8457-1.jpg

それにしてもこの辺りは、この「踊るうどん」を始めとして・・・

DSCF8409-1.jpgDSCF8456-1.jpg

なんばの名店「釜たけうどん」で修業された「紅屋」があり、その真向かいには「五島うどん うまかっ」があり、そしてこの「凡蔵」はそのうまかっの並びで徒歩10秒くらいの場所です。
この4軒のうどん屋さんを全部歩いてまわっても徒歩1分くらいでしょう(^^
凄い激戦区ですね!
実は紅屋さんに挑戦するのは今日で3回目なのですが、まだ一度も食べることが出来ないので、次回こそは食べたいです!
その時はハシゴかな(^^

【讃岐うどん 凡蔵】

住所 : 大阪府守口市紅屋町6-13 地図
電話 : 06-6997-5003
営業時間 : 11:00~15:00(麺切れ次第終了)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 水曜日、第2・4土曜日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする