スポンサーリンク

超ボリュームの絶品とんかつ! 東京都大田区 「鈴文」

20060614153351.jpg

本日は出張で東京へ来たので、仕事場からすぐ近所にあるとんかつ屋さん「鈴文」でランチをいただきました。
ずっとずっと行ってみたかったとんかつ屋さんです!
お昼にはお得なランチメニューもあるのですが、いただいたのはこのお店の最高級ロース肉を使用した「特ロースかつ定食」です。
カウンター内の職人気質のご主人が、真剣な眼差しで油の入った大きな鍋に向かって黙々と揚げ加減を見計らっています。
油の弾ける音からすると高温ではなくかなりの低温でじっくりと揚げているようです。
揚げること約10分、油から取り出した巨大なとんかつを約1~2分油きりした後、大きな包丁を持ったご主人、何をするのかと思えばその包丁を油の入った鍋にジューッと入れてからとんかつをザクッと切りました。
完全に火が通る寸前の薄ピンク色のお肉の断面にこの熱々の包丁を当てることによって、丁度食べごろの火の通り具合になるように仕上げているのです。
なんとも素晴らしい仕事です!


20060614140036.jpg

ものすごい面積の巨大なとんかつはその厚さもまた圧巻で、約3cmはあるボリュームです!
ちょうど良い加減に脂身が付いたとんかつをまずは何もつけずにこのままガブリ・・・
旨い!
旨すぎる!
激旨ではないですか!
口からあふれ出てきそうになる程のジューシーな肉汁と脂身の甘味がもうたまりません。
前回東京でいただいた「とん太」のとんかつはかまなくてもとろけるほど柔らかかったのですが、こちらはしっかりとした歯ごたえが楽しめます。
といってももちろん咀嚼するのにほとんど力を必要としないほど柔らかい範囲ではありますが(^^
私はもう少しピンク色くらいの方が良かったのですが、これでも十分柔らかかったです。


20060614042626.jpg

調味料は、「とんかつソース」、「マスタード」、「醤油」、「」、「七味唐辛子」が置かれてあります。
もちろんこのとんかつの8割を「」のみで、残りの2割を「マスタード」でいただきました!
このとんかつも絶対に「」がお薦めです。
とんかつの甘味が何倍にも膨れ上がります(^^


20060614042638.jpg

なにもかかっていないキャベツに「とんかつソース」をかけていただきました。
うっすらと酸味が効いたさらっとしたソースが、ちょっと粗めに切られたキャベツとよく絡んでとても美味しかったです。


20060614153401.jpg

ご飯と具沢山のとん汁、白菜の漬物が付いた「特ロース定食」のお値段、2100円也。
お昼には少し高いお値段ではありますが、この素晴らしい内容からすると安すぎるくらいだと思います(^^


20060614042718.jpg

ご飯もいいですが、やはりビールと共にいただきたかったです(^^


20060614042729.jpg

JR蒲田駅から徒歩3~4分の場所ではありますが、少し入り組んだところにお店があります。
しかし、11時半の開店と同時に1番に入店しましたが、その後続々とお客さんが入ってくる人気店でした!
もちろんどんな場所にあろうがこれだけのものが食べられるお店、流行らないはずはありません(^^


【鈴文】

住所 : 東京都大田区西蒲田5-23-17 地図
電話 : 03-5703-3501
営業時間 : 11:30~14:00、17:30~20:30
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 水曜日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする