思わず足が止まった北新地割烹 堂島船大工通 「唐橋」

スポンサーリンク
FI2496431_0E.jpg

本日のランチは北新地の割烹「唐橋」に行きました。
本日も別のお店を目指していたのですが、ビルの前に出ているメニューを見て思わずくぎ付けになりました!
そのメニューとはこの「うなぎの柳川風」です。
うなぎという文字、柳川という文字に完全にやられてしまいました(^^;
そしてこのお店に入って大正解であったことがこれをいただいてすぐに分かりました!

肉厚で巨大なうなぎは関東のように蒸していないのでプリプリの食感で、この大きさは本当に食べ応えがあります!
鰻の味が濃厚なので出汁はしっかり目の味付け。
鰻の下には大量のササガキゴボウとエノキダケが隠れていて、シャキシャキとした食感が楽しめました(^^


FI2496431_1E.jpg

しめじと色々野菜の和え物はとてもさっぱりとした味付けでした。
濃厚な柳川にあわせてあるのでしょう(^^


FI2496431_2E.jpg

うなぎの柳川風、小鉢、超大盛りのご飯、赤出汁、漬物が付いた「日替わり」は950円ととてもお値打ちです!


FI2496431_3E.jpg

メニューは日替わりで1種類のみです。
この何の変哲も無い1枚の看板によって素晴らしい幸せをもたらしていただけました(^^


FI2496431_4E.jpg

内装は少し古さを感じさせますが、味のある温かい空気のお店です。
厳しそうな大将と2人の若い板さんがきびきびと仕事をする様が気持ちよかったです。
女将さんもとても優しくて人懐っこい方で本当に居心地の良いお店でした。

ビルの1階ではありますが一番奥のわかりにくい場所で、11時半過ぎに入ったのにすでに5人もお客さんがおられたのには驚きましたが、この内容でこのお値段なら当然でしょうね(^^
私はこの「950円」というお値段が気に入りました!
別に「1000円」と言われても文句が無いどころかそれでもお値打ちだと思います。
北新地ランチは1000円や1050円という値段が多いので、ここも1000円でも全然おかしくはありません。
この「50円」の違いは食材云々の問題ではないような気がします。
大将や女将さんの心意気なのでしょう!
たった50円のことなのですが、今日は心がとても温かくなりました(^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする