スポンサーリンク

内房の竹岡のご当地ラーメンはあまりにジャンクで癖になる味わいです  千葉県  「梅乃家」



本日のランチは千葉県富津市にあるラーメン屋さん「梅乃家」に行きました。
久しぶりの東京出張で、今日は仕事後に東京湾アクアラインの高速バスに乗って房総半島までやってきました!
初めての房総半島なのですが、想像を絶するほど広い半島は、内房、南房、外房、九十九里、銚子と、場所によって様々な食文化が楽しめるのが特徴です。
どの地域でも独特の名物がいただけるのですが、今日は内房を散策してみようと思い、まずはこのラーメン屋さんにやってきました。
この内房ご当地の竹岡発祥の「竹岡ラーメン」が食べられるお店です!
竹岡ラーメンとは、醤油ダレの醤油全開のストレートなスープに、やや太めの乾麺を使用している、というのが最大の特徴です。
さらにこちらのお店では「やくみ」と呼ばれる玉葱の粗みじん切りをトッピングするのが人気のようで、もちろん私もトッピングしていただきました(^^

ラーメン」(600円)、「やくみ」(50円)
このラーメンのすごいところは、最初からデフォルトで超肉厚のチャーシューが大量に乗っていることです!
見るからにジャンクなスープのラーメンに、これだけでお腹が膨れてしまうんじゃないかというほどのチャーシューが山ほど乗っています!
やくみ」というのは、玉葱の粗みじん切りのトッピングで、これはほぼ全ての人が注文するトッピングです。




P1220668-1.jpgP1220677-1.jpg

その玉葱たっぷりのスープ・・・

直球ストレートな醤油の旨みが効いていてめっちゃ(゚Д゚)ウマー!

やや醤油の尖った味わいで、もう少し甘味があればもっと奥深い味わいにあるとは思うのですが、この味こそが竹岡式なのですね!
でもこのジャンク過ぎる味わいは、一瞬にして癖になってしまいますね(^^


麺がまた特徴的で、今の時代とは逆行する「乾麺」を使われています。

スープがよく染みてプリプリで(゚Д゚)ウマー!


時間が経つとあっという間に伸びてしまう乾麺ですが、すぐに食べるとその食感はプリプリです!
インスタント感覚抜群ですが、これが食べれば食べるほどハマってしまいますね(^^




P1220672-1.jpg

厚さ1cm以上あるチャーシューがゴロゴロ乗っています!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

脂身がトロットロでめちゃくちゃうま~~い!!
これはもう絶妙の醤油ダレが染みまくっていて、素晴らしい味わいです!
これをアテにビールを飲んだら最高でしょうね~(^^




P1220657-1.jpgP1220655-1.jpg

料金はとても良心的です!
チャーシューの仕込みが間に合わないので、今は「ラーメン」か「大ラーメン」しか注文出来ないようです。




P1220652-1.jpgP1220653-1.jpg

JR内房線の竹岡駅から徒歩約25分かけて、12時45分にやっとの思いでお店に到着。
入り口側に回ると・・・・
ちょっとあり得ないほどの大行列!!
数えてみると、何と40人以上並んでいるではないですか!!
かなり怯みましたが、ここまで来て何も食べないで帰る訳にもいかないので、もちろん最後尾に並びました。
その後も車が続々と来られて、私の後ろにもあっという間に30~40人くらいの行列が出来ました!
一体何なんでしょう、この人気は?!
その列もなかなか進まず、結局お店に入れたのはちょうど1時間後の13時45分、そこから待つこと15分後の14時にようやくこのラーメンにありつけました。
10時過ぎに東京を出てから約4時間の長旅でした(^^

調理もサービスも、お姉さま方ばかりの5名で切り盛りされているこのお店、様々な暗号とお姉さま方のおしゃべりがとても良いBGMになっています(^^
私の座った位置からは調理の様子があまり見えませんでしたが、竹岡式の独特の調理法で作られているようです。




P1220684-1.jpgP1220643-1.jpg

無人のJR竹岡駅からは内房の海が見渡せます。
JR内房線は、1時間に1本しかありませんので、電車で行かれる場合は計画的に行かれることをお薦めします(^^






【梅乃家】

住所 : 千葉県富津市竹岡401 地図
電話 : 0439-67-0920
営業時間 : 10:00~19:00(L.O)売切れ次第終了
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 火曜日、月1回不定休
客席 : 8人掛けくらいのテーブル×2、4人掛け小上がり座敷テーブル×2
喫煙 : 終日禁煙
駐車場 : 有

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする