スポンサーリンク

讃岐の素朴な腰のうどんと鳴門名物が楽しめる大人気店!  徳島県  「山ろく本店」

本日のランチは徳島県にあるうどん屋さん「山ろく本店」に行きました。

本当は昨日、日帰りをする予定だったのですが、昨日はあいにくの大雨・・・
徳島市のシンボル的存在である「眉山」に登ろうと思っていたのですが、雨で断念し、その眉山に登るためだけに予定を変更して1泊しました。
その素晴らしい眉山登山は後ほどご紹介するとして、まずは美味しいうどんです!

こちらは徳島では大人気の本格讃岐うどん店です!
徳島と言えば・・・

若布うどん」(525円)
やっぱりワカメでしょう!
麺が見えないくらいびっしりとワカメが乗っています!

IMG_3209-1.jpgIMG_3220-1.jpg

まずはワカメ・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

ツルッとシャキッとした食感のワカメは磯の風味が濃厚で素晴らしい!

うどん・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

もっちりしたタイプで、私の大好きな素朴な腰のうどんです!
鰹と昆布のお出汁は優しいながらも旨味がしっかり感じられて、しみじみうま~いです(^^

IMG_3198-1.jpgIMG_3200-1.jpg

とても良心的な価格設定です。

IMG_3197-1.jpg

休日はオープン直後からすぐに満席になるのだと思います。
私が行った時もびっしり満席で、店内で少し待ちましたが、その後どんどんお客さんが来られ、お店の外にも行列が出来ていました!
凄い人気です!
ご家族で切り盛りされておられ、忙しくてバタバタしておられながらも、とても温かいおもてなしをしてくださいます。
いいお店ですね~(^^

さあ、お腹もちょっと膨れたので、念願の眉山に登りましょう!!

IMG_3128-1.jpgIMG_3132-1.jpg

標高290mの眉山は、それほど高い山ではありませんが、徳島駅からもよく見えています。
ロープウェイでも登れるのですが、もちろん歩いて登るために徳島に来たのです(^^

IMG_3135-1.jpgIMG_3138-1.jpg

ロープウェイ乗り場のある「阿波おどり会館」の裏の天神社の横の階段から登り始めます。
最初はひたすらこの階段を登って登って登りまくります。
しばらく登ると、本格的な登山道になります。
私はスニーカーだったので滑りまくりで、やはりここを登るには登山靴を履いて行った方が良いでしょう。

IMG_3192-1.jpgIMG_3194-1.jpg

10分ほど登ると山の中腹の開けたところに出ます。
ここでもとても良い景色ですね~!
上を見るともう少しです!

IMG_3142-1.jpgIMG_3146-1.jpg

急な坂道を息を切らせて、汗を滝のように流しながら頑張って登ります。
登り始めて約20分で山頂公園に到着!
ここから見える景色は・・・

IMG_3154-2.jpg

絶景です!!

徳島市内から徳島城跡の城山、そして大きな吉野川が紀伊水道に注いでいるのがよく見えます!
遠くには淡路島や紀伊半島も見渡せる、最高の眺望です!

IMG_3176-1.jpgIMG_3184-1.jpg

さらに大きな写真をどうぞ(^^

反対側の景色は、吉野川が流れる徳島平野です。

そして・・・

IMG_3164-1.jpg

ビール(゚Д゚)プハー!(゚Д゚)ウマー!

これがしたかったのです!!
素晴らしい景色を望みながら、飲むビールは最高です!
たった20分登っただけですが、もう汗だくになって、喉がカラカラだったので、この冷たいビールの美味しかったこと美味しかったこと!
このためだけに、わざわざ予定を変更して徳島に1泊したのですが、それで良かったと心から思います(^^

IMG_3158-1.jpgIMG_3156-1.jpg

展望レストハウス眉山」は、絶景が見渡せるカウンター席、座敷席もたくさんあって、とても居心地が良い施設です。

IMG_3174-1.jpgIMG_3182-1.jpg

平和記念塔「パゴダ」やモラエス館などもあり、山頂の公園はなかなか楽しめます。
登山に自信がない方でも、是非ロープウェイで眉山山頂まで登り、この眺望を楽しんでみてください!
この季節は特に気持ちが良くて最高です!

さあ、お腹もすいてきたので、山を下りてもう1軒食べに行こか~!

【山ろく本店】

住所 : 徳島県徳島市南常三島町1-2-4 地図
電話 : 088-623-1741
営業時間 : 11:00~21:00(売り切れ次第終了)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 水曜日(祝日の場合営業、翌日休)
客席 : カウンター7席、4人掛けテーブル×4、小上がり座敷席×1
喫煙 : 終日可
駐車場 : 有

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする