スポンサーリンク

おやぢだらけの洋食屋 高麗橋 「グリルロータリー」

20060829140258.jpg

本日のランチは高麗橋にある洋食屋「グリルロータリー」に行きました。
この北浜界隈のサラリーマンから絶大なる支持を得ている昔ながらの洋食屋さんです。
もう10年以上前にも一度だけオムライスを食べたことがあるのですが、残念ながらその時の味の印象は全く残っていません。
先日ふと思い出し懐かしくなって行ってみました(^^
行った時間が早かったため店内には3人しかお客さんがいなかったこともあり、注文して約3分で出てきました!
このオムライスは「中」(750円)と「大」(850円)があるのですが、これは「中」サイズです。
「中」といっても全長が30cm弱のかなり大きなもので、「大」はこのお皿いっぱいの真丸の形になるようです。
上からかかっているのは、ケチャップでもなくデミグラスソースでもなく、天津飯の餡のように見えますが味は全然違い、ここでしか味わえない独特のソースです。
あえて言うならケチャップをベースとしたソースを片栗粉で固めているものであるとしか言いようがありません。
いずれにせよ、とても優しい甘酸っぱさがどこかとても懐かしい味なのです(^^

20060829140313.jpg

中のライスはソースを主体とした味で、濃すぎず薄すぎず、良く言えば中庸の極意、悪く言えば主体性に欠ける味・・・ということでしょうか。
ベチャベチャのケチャップライスよりは締まりのある味だと思いました。
具はチキンとグリーンピースは確認できましたが、あとは分かりませんでした(^^;

20060829140339.jpg

量がかなり多いため、食べているとどうしても途中で飽きがきてしまいます。
そこでテーブル上に設置されたこの福神漬を乗せて味に変化をつけてみましたが、これがなかなかいけました!
ご飯の和風っぽい味付けがこれにはとてもよく合いました。

20060829140402.jpg

さらに今度は紅生姜です(^^
これもまたよく合いました。
生姜の味がきつすぎて何を食べているのか分からなくなりましたが・・・

20060829140421.jpg

今度は一味唐辛子で。
いけるじゃないですか!
・・・って結局味が変われば何でもOKなのでしょうね(^^

やっとの思いで食べきりましたが、こんな量で苦しんでいるようではこれこれは絶対に食べられませんね(^^

20060829140455.jpg

店内の風景。
イスやテーブルはかなり年季が入っていて、とても懐かしさが感じられます。
お店に入った時はこのようにほとんど人がいなかったのですが、約10分後にはあっという間に満席になりました!
4人テーブルと6人テーブルしかないので、もちろん当たり前のように相席になります。
そしてそのほぼ満席のお客さんの中で女性はただ1人!
後は全員おやぢです(^^

20060829140512.jpg

こちらが壁に貼られたメニューです。
結構色々なメニューがあるのですが、こんなに必要ないのでは?と思えるほどみな同じものしか注文しません。
お客さんの8割の方が「本日のランチ」のビーフカツレツとエビフライ、2割がこのオムライスで、私がいる間この2種類以外の注文は皆無でした・・・

20060829140531.jpg

オムライスの味自体は何も特筆すべきことは無いのですが、おやぢの心をわしづかみにするだけの何か特別のスパイスが一降りされているのでしょう!
昔ながらの古き良き洋食屋さんには必ず用意されている「おやぢスパイス」です(^^

【グリルロータリー】

住所 : 大阪市中央区高麗橋2-2-7 地図
電話 : 06-6231-6071
営業時間 : 11:00~13:30、17:00~22:00
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ×
定休日 : 土・日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする