スポンサーリンク

第16回淡路島創作料理コンテスト審査に参加させていただきました! @淡路島

title-1

本日は「第16回淡路島創作料理コンテスト」の最終審査に、審査員として参加させていただきました。

審査員をさせていただくのは今年で3年目になりますが、今年も本当に素晴らしい作品ばかりで、淡路島の美味しい素材を堪能させていただきました!

今年のテーマは「島ごはん」という新しいカテゴリーで、「まぜごはん」を題材とした料理です。

33作品の応募の中から1次審査を勝ち抜いた8名の料理人による8作品を2次審査ということで試食させていただき、6名の審査員で「最優秀賞」、「優秀賞」、「審査員特別賞」を選出させていただきました。

8つ全ての作品は、とても創意工夫され、味も抜群に美味しくて、どれが選ばれてもおかしくないくらいの完成度の高さです!

このコンテストに趣旨は「淡路島の食材を使って、新しい郷土料理を創出し、名物にすることによって淡路島の良さを島外の人に知ってもらい、淡路島に足を運んでいただく」というものです。

その趣旨に沿って皆でしっかりと協議をしました。

今回のコンテスト会場は「南あわじ市緑市民センター」です!

第二次審査に残った料理人の方々の調理風景です。

決められた時間内に審査員6名分を完成させて提供されます。

8作品の中で、栄えある最優秀賞に選ばれたのは・・・

絶景レストラン うずの丘」の藤見泰之さんの作品「~島のうにくまぜごはん~島の黄金比」です!

淡路産の卵とウニをご飯に混ぜたまぜごはんの上に、淡路牛と淡路産のウニが乗って、見るからにフォトジェニックで豪華な一品です!

上から雲丹醤油をかけると・・・

さらに悩ましいルックスになります(^^

まぜごはんとお肉とウニを一緒に食べると・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

卵黄の旨みとウニの甘みが絡み合って非常に濃厚な旨みのまぜごはんに、ウニとお肉が絡んでめちゃくちゃ旨い!

というか、これは旨いに決まってますよね(^^

今後これにさらにお改良を加え、商品化してお店で販売されるそうです!

とても楽しみですね!

優秀賞は・・・

淡路島観光ホテル」の濱谷全朗さんの作品「鯛の親子飯」です!

淡路産の鯛とウニと椎茸のまぜごはんに、鯛の子をからすみのようにしたものを削っていただきます。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

鯛とウニの旨味にやや塩気の効いた鯛の子が絶妙すぎるほどマッチして、これはちょっと びっくりするほど、とんでもなく旨い!

これも是非商品化してほしいですね!

審査員特別賞は・・・

淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザ」の薄雲正典さんの作品「雑炊風三年河豚白子かけご飯」です!

高価な三年河豚のの白子と豆腐を裏ごししたものが炊き込みご飯に乗っていて、盛り付けもとても美しいですね!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

まったりとして濃厚な白子の旨みが炊き込みご飯と素晴らしくマッチして、さらにお出汁が入ることで、とてもさっぱりとした後口になり、いくらでも食べられそうです!

ここからは順不同です。

南淡路ロイヤルホテル」の岩井佳克さんの作品「たまねぎの実」です!

さすがフレンチシェフの盛り付けは、素晴らしく美しいですね~!

大小様々な7つの玉葱の中に、鯛めし、タコのまぜごはん、しらすご飯、チキンライス、ドライカレーなど、様々なまぜごはんが入っていて、色々な味を楽しませていただけます!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

一つ一つが本当に丁寧な味付けで美味しいです!

巨大なベーコンもしっとり柔らかくてジューシーで旨い!

添えられているタマネギスープも絶品です!

淡路島観光ホテル」の安井譲さんの作品「紅白・祝い膳」です!

紅白でとても縁起がよく、盛り付けも素晴らしいですね!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

足赤海老のふりかけと足赤海老のそぼろがご飯と絶妙にマッチして、もう海老好きにはたまらない味わいです!

絶景レストラン うずの丘」の柿谷竜也さんの作品「うにぎり飯」です!

ネーミングもアイデアも素晴らしいですね!

魚のすり身と淡路の素麺を使った、ウニの殻を象ったものに、ウニと海苔を混ぜたおにぎりが乗っています!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

殻のすり身の部分はしっかり魚の味が楽しめて、素麺のトゲの部分はパリパリでとても香ばしく、これだけでビールやお酒のアテになりますね(^^

ウニと海苔のおにぎりもとても美味しいです!

チューリップハウス農園レストラン夢蔵」の堀井孟さんの作品「丸ごと島リゾット」です!

提供された瞬間にスープのとても濃厚で香ばしい香りが立ち昇り、期待が一気に膨らみます!

さらに上に乗った淡路島の形をしたパイがイイですね!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

甘くて柔らかい玉葱の中のリゾットとほのかに酸味の効いたソースが絶妙にマッチして旨いですね~!

道の駅うずしお」の古田光典さんの作品「五穀豊穣」です!

左側の鍋に2種類のまぜごはんおにぎりが熱々に焼けていて、さらに右側にはお出汁がグツグツと煮えています。

右側のお出汁を左側のお鍋に注ぐとジュ---っと音がなって香ばしい香りと湯気が立ち昇ります!

おにぎりとお出汁を絡めて食べたら・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~、うま~~~い!!

しみじみ旨いお出汁が効きまくりで、とても美味しくて止まらなくなってしまいます!

鯛みそと梅干しと温泉卵を順番に入れながら食べると、味の変化が楽しめるのがとても良いですね!

コンテスト終了後は、別会場で同時開催されていた「おもてなしの心コンテスト」と合同での表彰式と懇親会に参加させていただきました。

絶景レストラン うずの丘」の藤見泰之さん、最優秀賞おめでとうございます!

淡路島観光ホテル」の濱谷全朗さん、2年連続の優秀賞おめでとうございます!

淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザ」の薄雲正典さん、審査員特別賞おめでとうございます!

本日出品された8つの作品は、今後各施設で商品化を検討されています。

今回全員の審査員から全作品に対する講評をもとに、さらにお客様が喜んでいただけるメニューにブラッシュアップさせてから新商品として発売されるそうです。

とても楽しみですね!

「淡路島創作料理コンテスト」は、淡路島にどんどん美味しい名物が生まれていく、本当に素晴らしい企画で、益々淡路島が魅力的な島になっていきますね(^^

《過去の淡路島創作料理コンテスト》

第14回・・・テーマ『淡路米』
第15回・・・テーマ『一汁三菜』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする