やっぱり並んで良かった! 築地 「寿司大」

スポンサーリンク


本日のランチは築地市場内にあるお寿司屋さん「寿司大」に行ってきました。
築地市場内、場外、全てのお寿司屋さんからこの界隈のすべての飲食店の中で、私が最も好きなお店です!
味、接客、雰囲気など、全てにおいて他の追随を全く許さない、私の中ではまさに不動の地位を築いているお寿司屋さんです。
先月も築地に行ったのですが、その際、どうしてもこの「寿司大」に行きたかったのに、あまりの行列の長さに、時間の関係で断念していました。
でも今日は時間に余裕を持って市場に訪れて、「どれだけ行列が長くても絶対に並ぶ」と決心して行ってきました。
暑い中、足が棒のようになりながら2時間10分並んで、ようやくこの「トロ」との再会です!

いただいたのはもちろん「旬魚おまかせセット」で、にぎり10貫、巻物1本+好きなにぎり1貫で3900円というセットで、一貫一貫、お客さんの食べるスピードに合わせて握ってくださるスタイルです。

こちらのお店のおまかせにぎりのトップバッターはいつも「トロ」なのです。
このトロを見た瞬間、長時間並んでいたことなど一瞬で忘れ去り、そして・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

食べた瞬間に夢の世界へ引き込まれます!
この「寿司大マジック」にハマりまくっている人が、この瞬間のために毎日毎日、長時間行列しているのです(^^


DSCF3863-1.jpg

時期的にもしや!と思い、お刺身は何があるか聞いてみると・・・
やっぱりこれでした!
新サンマ」です!
2年前にこちらでこれを食べて、もう涙が出るほど感動させていただいた逸品で、即座に追加注文しました!
びっくりするほど肉厚のサンマが、職人さんの見事な包丁さばきによって美しく盛りつけられています。
生姜醤油を少しつけて・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

旨すぎます!
脂が乗って超濃厚です!
これをアテにビールが飲めたら最高だろうな~、と思いつつ、今日も夜から仕事なのでお茶でガマン(T_T)


DSCF3888-1.jpg

金目鯛の昆布〆

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

〆た昆布の旨みが絶妙の塩梅で、噛めば噛むほど金目鯛そのものの甘みと融合していきます。
思わず目を閉じて咀嚼してしまいます。
すべてを飲みこんだ後に口の中に広がる旨みの余韻をしばらく楽しみます。
本当に幸せです(^^


DSCF3879-1.jpg

すずき
岩塩がふってあるのでこのままいただきます。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

本来は淡白な白身が、岩塩によって旨みが増強されています!


DSCF3912-1.jpg

漬けマグロ
とても大きな赤身で迫力満点!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

赤身本来の旨みが存分に味わえます!


DSCF3903-1.jpg

北海道ばふんウニ

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

甘~~~い!
うま~~~い!


DSCF3921-1.jpg

ほっき貝

(゚Д゚)ウマー!

肉厚の身はコリッコリの食感が素晴らしい!


DSCF3932-1.jpg

富山のしろえび
しろえびを一匹一匹丁寧に皮をむき、それを束ねて握ってあるのですが、これはもう想像を絶するほど手間がかかった逸品です。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

えび本来の甘みと旨みがダイレクトに伝わってきます!
舌に張り付くようなねっとり感が何ともたまりません!


DSCF3928-1.jpg

太刀魚

(゚Д゚)ウマー!

プリプリの歯ごたえが素晴らしい!


DSCF3938-1.jpg

玉子焼き
このセットにはこの玉子焼も付くのですが、常に焼きたてほやほやが出てくるので、いつ出てくるかは日によって、タイミングによって違います。
一番最初に出てくる時もあれば、最後に出てくる時もあり、それがまた楽しみでもあるのです(^^

東京の玉子焼きらしく、やや甘めの味付けではありますが、熱々の焼きたてはふわふわの食感で(゚Д゚)ウマー!


DSCF3959-1.jpg

巻物

(゚Д゚)ウマー!

上等なネタのお寿司ばかり続くので、箸休めにはこういう巻物は必須ですね(^^


DSCF3951-1.jpg

瀬戸内の釣りアジ

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

肉厚のアジは、何でこんなに甘いの?と、びっくりするほど甘いです!


DSCF3963-1.jpg

アナゴ

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

味わう前に溶けてなくなった・・・
というのが最も正確なレビューかもしれません(^^
このアナゴで、一旦にぎりのコースの締めくくりです。


DSCF3973-1.jpg

ここで出てきた「しじみの赤出汁」は貝の旨みたっぷりで(゚Д゚)ウマー!


DSCF3977-2.jpg

そして最後のお楽しみ!
お店にあるすべてのネタの中から、好きなものを一貫プレゼントしてくださるのです!
もちろん高級なネタでも安いネタでも何でもいいのです。
私はここに来ればいつも最後の一貫は「コハダ」と決めています。
恐らく値段的には最も安い部類に入るネタであるとは思うのですが、そんなことは関係ありません。
ここの「コハダ」が食べたいのです(^^

今日もそのコハダをお願いしたら、お店の大将が、「お客さん、今日はシンコが入っています。とてもおすすめなのでもしよろしければシンコを握らせていただきますが」とおっしゃいます。
そんなことを言われて従わないわけにはいきません(^^
「シンコ」とはコハダに出世する前の小さな時の呼び名だそうで、その小さなシンコを6枚も束ねて握ってくださいました!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

酢の加減が絶妙です!
初めて食べましたがこれは旨いです!

大満足!!



DSCF3848-2.jpgDSCF3849-1.jpg

おまかせにお出しいただいたネタ以外にもたくさんのネタが用意されているので、コースが終了してからさらにお好みを握ってもらっているツワモノもおられます(^^


DSCF3832-1.jpgDSCF3838-1.jpg

今日はどれだけ並んでいても絶対に並ぼうと決めていました。
案の定、お店の前に約20人、その後ろは少し離れた歩道に約20人、合計約40人ほどが並んでおられ、並び始めてからお店に入るまで、2時間10分かかりました。
並んでいるときは、やはり暑さもあり多少はイライラはしますが、このお店は何故かお店に入った瞬間に、今まで並んでいたことなんて全く忘れてしまうのです。
そして夢の世界へ引き込まれるのです。
本当に不思議ですがこれが事実なのです。
だからこそ皆長時間並ぶことを分かっていても懲りずに並ぶのですね(^^

数軒はなれた「大和寿司」の行列も凄まじいですが、あちらは回転が速いので、それほど長時間並ぶことはありません。
もちろん大和寿司も新鮮で大きなネタのお寿司で、とても美味しいです。
どちらに並ぶかは・・・好みの問題ですね(築地のエキスパートはその間にあるとんかつ八千代でチャーシューエッグ定食を食べますが・・・)
並ぶのが苦にならない方、時間がたっぷりある方、築地市場内で最高の思い出を作りたい方は是非一度この「寿司大」の大行列に並び、「寿司大ワールド」を味わってみてください(^^




《過去の寿司大》

その1・・・2006年5月13日
その2・・・2007年9月22日





【寿司大】

住所 : 東京都中央区築地5-2-1 築地市場内 6号館 地図
電話 : 03-3547-6797
営業時間 : 5:00~14:00
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ×
客席 : カウンター13席
喫煙 : 終日禁煙
定休日 : 日・祝・休市日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする